国鉄山の家(こくてつやまのいえ)とは、日本国有鉄道が運営していた宿泊施設である。名前のとおり山の近くにあるが、平地にあったものもある。予約が駅窓口でできた施設もあり、乗車券のような体裁の宿泊券が発行された。

一覧(最寄り駅)(1978年10月現在)編集

歴史編集

1987年の国鉄分割民営化以後、JR各社が経営を引き継いだが、2017年現在は廃止されている。一部は地元の民間事業者が経営している施設もある。

外部リンク編集