国際連合安全保障理事会決議8

国連安全保障理事会決議8(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ8、: United Nations Security Council Resolution 8, UNSCR8)は、1946年8月29日国際連合安全保障理事会で採択された決議。アフガニスタン、アイスランド、スウェーデンを国連の新規加盟国として認めた。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議8
日付: 1946年8月29日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 57回
コード: S/RES/8
文書: 英語

投票: 賛成: 10 反対: 0 棄権: 1
主な内容: Applications for membership
投票結果: 採択

安全保障理事会(1946年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
オーストラリアの旗 オーストラリア
ブラジルの旗 ブラジル
エジプトの旗 エジプト
メキシコの旗 メキシコ
オランダの旗 オランダ
ポーランドの旗 ポーランド

概要編集

国連加盟申請の手続きに関して定めた国際連合安全保障理事会決議6に続く形で、安全保障理事会は、アルバニア社会主義人民共和国モンゴル人民共和国アフガニスタン王国トランスヨルダン・ハシミテ王国アイルランドポルトガルアイスランドシャム(現タイ)、スウェーデンによる加盟要請および委員会に提出された報告を受領・検討した。この理事会の意見を考慮したうえで総会がこのうちアフガニスタン、アイスランド、スウェーデンを認めることを勧告したものである。なおタイの加盟に関する勧告は、この年の12月の国際連合安全保障理事会決議13でなされることとなった。

内容編集

以下は決議の英文。

The Security Council,
Having received and considered the report submitted by the Committee on the Admission of New Members regarding application for membership in the United Nations presented by the People's Republic of Albania, the Mongolian People's Republic, Afghanistan, the Hashemite Kingdom of Transjordan, Ireland, Portugal, the Republic of Iceland, Siam and Sweden,27
Having considered in the course of its debates each one of the above-mentioned applications,
Having taken due notice of the statements of opinions of the members of the Security Council in regard to those applications,
Recommends to the General Assembly that it admit to membership in the United Nations the following applicants: Afghanistan, Iceland and Sweden.

27 Ibid., Supplement No. 4, annex 7.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
アルバニア人民共和国、モンゴル人民共和国、アフガニスタン、トランスヨルダン・ハシェミット王国、アイルランド、ポルトガル、アイスランド共和国、シャム及びスウェーデンが提出した国際連合加盟申請に関する新規加盟委員会の報告書を受け取り、これを検討し、
その討議の過程において上記の各申請を検討し、これらの申請に関する安全保障理事会のメンバーの意見の陳述に十分留意したので、
総会に対し、アフガニスタン、アイスランド、スウェーデンを国際連合の加盟国に認めることを勧告する。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集