国際連合安全保障理事会決議80

国際連合安全保障理事会決議80(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ80、: United Nations Security Council Resolution 80, UNSCR80)は、1950年3月14日国際連合安全保障理事会決議で採択された決議。インド・パキスタン情勢に関して停戦の感謝と撤兵の再要請を行ったものである。

国際連合安全保障理事会
決議80
日付: 1950年3月14日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 452回
コード: S/1410
文書: 英語

投票: 賛成: 9 反対: 0 棄権: 2
主な内容: インド・パキスタン情勢に関して
投票結果: 採択
ソ連は欠席

安全保障理事会(1950年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
 キューバ
エクアドルの旗 エクアドル
エジプトの旗 エジプト
インドの旗 インド
 ノルウェー
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア

概要 編集

この決議では、国連インド・パキスタン委員会の報告書とA・G・L・マクノートンA. G. L. McNaughton)の報告書を受け、インドとパキスタンが停戦を順守し、ジャンムー・カシミールの非武装化と将来の国民投票管理者として艦隊司令官チェスター・ニミッツに同意することを称賛した。

またこの決議では以下のことを要求した。

  1. 残存兵力が「いかなる時点でも停戦ラインの両側の人々に恐怖を与えない」程度まで、インド・パキスタン両国が同時かつ段階的に非軍事化を進めること。[1]
  2. 北部地域を地元当局が管理し、国連の監視下に置くこと。
  3. 非武装化プログラムの準備と実施を支援する国際連合代表を任命し(国際連合インド・パキスタン軍事監視団参照)、インド・パキスタン両政府および理事会に助言し、インド・パキスタン国際連合委員会の権限と責任をすべて行使し、非武装化の適切な段階で国民投票管理者が与えられたすべての機能を引き受けるよう手配し、必要性に応じて理事会に報告すること。

この決議80は、パキスタンが先に撤退することを求めていた決議47からの転換を意味するものであった。決議80は、インドとパキスタンに、国民投票のために同時に軍を撤退させることを求めた。また、アザド・カシミール軍とジャンムー・カシミール州軍を暗に同一視しており、先の国連委員会の保証に反している[注釈 1]。当然アザド・カシミールとジャンムー・カシミールを同一視するこの試みは、インドの同意を得ることができなかった。[2]

同決議はさらに、両政府に対し、停戦の継続を確保するためにあらゆる必要な予防措置を講じるよう要請し、インド・パキスタン国際連合委員会のメンバーおよびマクノートンに謝意を表明するとともに、両国が国際連合代表に対し、同委員会の権限と責任を移譲することを通知してから1カ月後にインド・パキスタン国際連合委員会を終了させることに合意した。

決議は賛成8票で可決された。残る3国のうちインドユーゴスラビアは棄権し、ソビエト連邦は欠席した。

詳細 編集

以下は決議の英文[3]

The Security Council,
Having received and noted the reports2 of the United Nations Commission for India and Pakistan established by its resolutions 39 (1948) of 20 January and 47 (1948) of 21 April 1948,
Having also received and noted the report of General A. G. L. Mc Naughton3 a on the outcome of his discussions with the representatives of India and Pakistan which were initiated in pursuance of the decision taken by the Security Council on 17 December 1949,4
Commending the Governments of India and Pakistan ; for their statesmanlike action in reaching the agreements embodied in the United Nations Commission's resolutions of 13 August 19485 and 5 January 19496 for a cease-fire, for the demilitarization of the State of Jammu and Kashmir and for the determination of its final disposition in accordance with the will of the people through the democratic method of a free and impartial plebiscite, and commending the parties in particular for their action in partially implementing these resolutions by (1) the cessation of hostilities effected I January 1949, (2) the establishment of a cease-fire line on 27 July 1949, and (3) the agreement that Fleet Admiral Chester W. Nimitz shall be Plebiscite Administrator,
Considering that the resolution of the outstanding difficulties should be based upon the substantial measure of agreement on fundamental principles already reached, and that steps should be taken forthwith for the demilitarization of the State and for the expeditious determination of its future in accordance with the freely expressed will of the inhabitants,
1. Calls upon the Governments of India and Pakistan to make immediate arrangements, without prejudice to them, rights or claims and with due regard to the requirements of law and order, to prepare and execute within a period of five months from the date of this resolution a programme of demilitarization on the basis of the principles of paragraph 2 of General McNaughton's proposal7 or of such modifications of those principles as may be mutually agreed ;

2. Decides to appoint a United Nations Representative for the following purposes who shall have authority to perform his functions in such place or places as he may deem appropriate :
(a) To assist in the preparation and to supervise the implementation of the programme of demilitarization referred to above and to interpret the agreements reached by the parties for demilitarization ;
(b) To place himself at the disposal of the Governments of India and Pakistan and to place before those Governments or the Security Council any suggestions which, in his opinion, are likely to contribute to the expeditious and enduring solution of the dispute which has arisen between the two Governments in regard to the State of Jammu and Kashmir ;
(c) To exercise all of the powers and responsibilities : devolving upon the United Nations Commission for India and Pakistan by reason of existing resolutions of the Security Council and by reason of the agreement of the parties embodied in the resolutions of the United Nations Commission of 13 August 19485 and January 19496 ;
(d) To arrange at the appropriate stage of demilitarization for the assumption by the Plebiscite Administrator of the functions assigned to the latter under agreements made between the parties ;
(e) To report to the Security Council as he may consider necessary, submitting his conclusions and any recommendations which he may desire to make ;
3. Requests the two Governments to take all necessary precautions to ensure that their agreements regarding the cease-fire shall continue to be faithfully observed, and calls upon them to take all possible measures to ensure the creation and maintenance of an atmosphere favourable to the promotion of further negotiations ;
4. Extends its best thanks to the members of the United Nations Commission for India and Pakistan and to General A. G. L. McNaughton for their arduous and fruitful labours ;
5. Agrees that the United Nations Commission for, India and Pakistan shall be terminated, and decides that this shall take place one month after both parties have informed the United Nations Representative of their acceptance of the transfer to him of the powers and responsibilities of the United Nations Commission referred to in paragraph 2 (c) above.

2 Official Records of the Security Council, Third Year, Supplement for November 1948, document S/1100: ibid., Fourth Year, Supplement for January 1949, document S/1196; and ibid., Fourth Year, Special Supplement No. 7.
3 Ibid., Fifth Year, Supplement for 1 January through 31 May 1950, document S/1453.
4 Ibid., Fourth Year, Resolutions and Decisions of the Security Council, 1949, p. 7.
5 Ibid., Third Year, Supplement for November lfJ48, document S/1100, para. 75.
6 Ibid., Fourth Year, Supplement for January 1949, document S/1196, para. 15.
7 Ibid., Fifth Year, Supplement for 1 January through 31 May 1960, document S/1453, p. 14.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
1948年1月20日の決議39(1948)及び4月21日の決議47(1948)により設置された国際連合インド・パキスタン委員会の報告書を受理・留意するとともに2
1949年12月17日の安全保障理事会の決定4に従って開始されたインド及びパキスタンの代表との協議結果に関するマック・ノートン将軍の報告書3も受理・留意し、
インド及びパキスタン両政府を1948年8月13日5及び1949年1月5日6の国際連合委員会決議6に具体化された停戦、ジャンムー・カシミール州の非武装化及び自由かつ公平な国民投票という民主的方法による国民の意思に基づく最終処分の決定のための合意に達した両政府の政治的行動のため称賛し、
また(1)1949年1月に実施された敵対行為の停止、(2)1949年7月27日の停戦ラインの設定、(3)艦隊提督チェスター・W・ニミッツが国民投票管理者になるという合意をしたことについて特に締約国を賞賛し、
未解決の困難の解決は、既に到達した基本原則に関する相当程度の合意に基づくべきであり、また、国家の非軍事化及び住民の自由に表明された意思に従ったその将来の迅速な決定のために直ちに措置をとるべきことを考慮し、以下の通りとする。
1. インド及びパキスタンの両政府に対し、両国の権利又は請求権を害することなく、かつ、法と秩序の要請に十分配慮して、この決議の日から5か月以内に、マクノートン将軍の提案の第2項の原則7又は相互に合意するこれらの原則の修正に基づいて非軍事化のプログラムを準備し実行するための準備を直ちに行うことを要請する。
2. 国際連合代表を任命することを決定する。この代表は、適当と認める場所においてその職務を行う権限を有するものとし、その目的は以下の通りである。
(a) 前記の非武装化計画の作成に協力し、その実施を監督し、また、非武装化のために当事者によってなされた協定を解釈すること。
(b) インド及びパキスタンの両政府の裁量に委ね、ジャンムー・カシミール州に関して両政府間に生じた紛争の迅速かつ永続的な解決に寄与すると思われる提案を両政府又は安全保障理事会に提出すること。
(c) 安全保障理事会の既存の決議及び1948年8月13日及び1949年1月の国際連合委員会の決議に具体化された当事者の合意により、インド・パキスタン国際連合委員会に付与された権限及び責任のすべてを行使すること。
(d) 非武装化の適当な段階において、両当事者間の協定に基づき国民投票管理者に割り当てられた機能を国民投票管理者が引き受けるよう手配すること。
(e) 安全保障理事会が必要と認めるときは、その結論及び希望する勧告を提出し、安全保障理事会に報告すること。
3. 両政府に対し、停戦に関する協定が引き続き誠実に遵守されることを確保するために必要なすべての予防措置をとることを要請し、また、さらなる交渉の促進に好ましいムードをつくり維持することを確保するために可能なすべての措置をとることを要請する。
4. 国際連合インド・パキスタン委員会の委員およびA・G・L・マクノートン将軍の苦心と実りある労苦に、最大限の感謝を表する。
5. インド及びパキスタンのための国際連合委員会が終了することに同意し、かつ、両当事者が国際連合代表に対し上記第二項(c)にいう国際連合委員会の権限及び責任の移譲を受け入れる旨を通知してから一月後にこれを行うものと決定する。

2 安全保障理事会公式記録、第3年、1948年11月の補足、文書S/1100:同上、第4年、1949年1月の補足、文書S/1196:同上、第4年、特別補足第7号を参照。
3 同上、5年目、1950年1月1日から5月31日までの補足、文書S / 1453を参照。
4 同上、「4年目、安全保障の決議と決定」、文書S/1453。1949年、7ページを参照。
5 同上、第3年、1948年11月の補足、文書S/1100、第75段落を参照。
6 同上、第4年、1949年1月分補足、文書S/1196、第15段落を参照。
7 同上、5年目、1960年1月1日から5月31日までの補足、文書S / 1453、14ページを参照。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 同一であるどころかこの前年には両者による戦闘が起こっている。

出典 編集

  1. ^ Korbel, Danger in Kashmir 1966, pp. 166–167.
  2. ^ Das Gupta, Jammu and Kashmir 2012, pp. 154–156: "Formerly, India was assured that the sovereignty of Jammu and Kashmir was not to be questioned, that no recognition would be accorded to the Azad Kashmir Government, that the territory under Pakistani occupation would not be consolidated to the disadvantage of the State, that large scale disarming and disbandment of the Azad forces was contemplated and that the question of the Northern Areas would be considered in the implementation of the resolution."
  3. ^ S/RES/80(1950)”. undocs.org. 2022年1月9日閲覧。

参考文献 編集

  • Das Gupta, Jyoti Bhusan (2012) [first published 1968], Jammu and Kashmir, Springer, ISBN 978-94-011-9231-6, https://books.google.com/books?id=dpTpCAAAQBAJ&pg=PA154 
  • Korbel, Josef (1966) [first published 1954], Danger in Kashmir (second ed.), Princeton University Press, ISBN 9781400875238, https://books.google.com/books?id=7Q7WCgAAQBAJ 
  • 国連図書館の決議のテキスト

関連項目 編集

外部リンク 編集