国際連合安全保障理事会決議88

国際連合安全保障理事会決議88(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ88、: United Nations Security Council Resolution 88, UNSCR88)は、1950年11月8日に採択されたに国際連合安全保障理事会で採択された決議朝鮮半島情勢に関してのものである。

国際連合安全保障理事会
決議88
日付: 1950年11月8日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 520回
コード: S/1892
文書: 英語

投票: 賛成: 8 反対: 2 棄権: 1
主な内容: 朝鮮半島情勢について
投票結果: 採択

安全保障理事会(1950年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
 キューバ
エクアドルの旗 エクアドル
エジプトの旗 エジプト
インドの旗 インド
 ノルウェー
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア

概要 編集

この決議は、暫定手続規則39条に基づき、朝鮮における朝鮮半島の国連軍の特別報告についての理事会による討議に出席するため、中華人民共和国の代表を召集したものである。

決議は、賛成8票対反対2票(中華民国キューバ)で採択された。なお、このうちエジプト王国は棄権した。

詳細 編集

以下は決議の英文。[1]

The Security Council
Decides to invite, in accordance with rule 39 of the provisional rules of procedure, a representative of the Central People's Government of the People's Republic of China to be present during discussion by the Council of the special report of the United Nations Command in Korea. 14

14 See Official Records of the Security Council, Fifth Year, No. 60, 518th meeting, pp. 3-5 (document S/1884).

和訳についてはウィキソースの当該ページを参照。

脚注 編集

  1. ^ 国際連合安全保障理事会決議88”. 2021年1月20日閲覧。

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集