国際連合安全保障理事会決議92

国際連合安全保障理事会決議92(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ92、: United Nations Security Council Resolution 92, UNSCR92)は、1951年5月8日国際連合安全保障理事会で採択された決議パレスチナ情勢に関して、国連休戦監視機構の停戦命令を無視して継続されていた第一次アラブ・イスラエル戦争1948 Arab-Israeli War)の停戦を呼びかけるものである。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議92
日付: 1951年5月8日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 545回
コード: S/2130
文書: 英語

投票: 賛成: 10 反対: 0 棄権: 1
主な内容: パレスチナにおける停戦状況について
投票結果: 採択

安全保障理事会(1951年時点)
常任理事国
中華民国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
ブラジルの旗 ブラジル
エクアドルの旗 エクアドル
インドの旗 インド
オランダの旗 オランダ
トルコの旗 トルコ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア

MiddleEast.A2003031.0820.250m.jpg
パレスチナの衛星写真

概要編集

第一次アラブ・イスラエル戦争での停戦を要求した以前の決議を想起したうえで、 1949年7月20日のイスラエル・シリア一般停戦協定(Israel-Syrian General Armistice Agreement)によって確立された非武装地帯やその周辺で戦闘が勃発し、これに対して国連休戦監視機構参謀長代理が停戦命令を発布したのにもかかわらず、戦闘が継続していたことを懸念して採択されたものである。国連安保理は、当該地域の関係勢力に戦闘をやめるように、また爾前の決議ないし協定に対する義務・約定を遵守するよう呼びかけた。決議は10票対0票で可決されたが、唯一ソビエト連邦が棄権した。

詳細編集

以下は決議の英文[1]

The Security Council,
Recalling its resolutions 54 (1948) of 15 July 1948, 73(1949) of 11 August 1949, and 89 (1950) of 17 November 1950,
Noting with concern that fighting has broken out in and around the demilitarized zone established by the Israel-Syrian General Armistice Agreement of 20 July 1949 12 and that fighting is continuing despite the ceasefire order of the Acting Chief of Staff of the United Nations Truce Supervision Organization in Palestine issued on 4 May 1951,
Calls upon the parties or persons in the areas concerned to cease fighting, brings to the attention of the parties their obligations under Article 2, paragraph 4, of the Charter of the United Nations and the Security Council's resolution 54 (1948) and their commitments under the General Armistice Agreement, and accordingly calls upon them to comply with these obligations and commitments.

12 See Official Records of the Security Council, Fourth Year, Special Supplement No. 2.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
1948年7月15日の決議第54号(1948年)、1949年8月11日の決議第73号(1949年)及び 1950年11月17日の決議第89号(1950年)を想起し、
1949年7月20日のイスラエル・シリア一般休戦協定12により定められた非武装地帯及びその周辺で戦闘が勃発していること及び1951年5月4日に発せられたパレスチナにおける国連休戦監視機構参謀長代行による休戦命令(の発布)にもかかわらず戦闘が続いていることを懸念を以て指摘し、
関係者や当該地域の者に戦闘を停止するよう求め、国際連合憲章の第2条第4項及び安全保障理事会の決議第54号(1948年)に基づく義務並びに一般休戦協定に基づく約定を当事者に注目してもらい、状況に応じて、これらの義務及び約定を遵守することを求める。

12 安全保障理事会公式記録、第4年、特別補足第2号を参照。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ S/RES/92(1951)”. undocs.org. 2022年3月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集