國興システムズは主として通信の工事を請け負う情報通信建設会社である。

國興システムズ株式会社
kokko systems co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 國興システムズ
本社所在地 日本の旗 日本
160-0004
東京都新宿区四谷4丁目11番地
設立 1966年10月1日
業種 建設業
法人番号 7011101006837 ウィキデータを編集
事業内容 電気設備の設計・工事施工・メンテナンス、情報通信設備の設計・工事施工・メンテナンス、伝送無線通信設備の設計・工事施工・メンテナンス
代表者 渡邉 幸男
資本金 5,000万円
純利益 1億4400万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 12億4600万円(2020年03月31日時点)[1]
主要株主 ミライト(旧大明) 100%
外部リンク 國興システムズ株式会社
テンプレートを表示

株式会社ミライト(旧大明)の連結(完全)子会社。

事業所編集

主な事業編集

  • 電気設備の設計・工事施工・メンテナンス
  • 情報通信設備の設計・工事施工・メンテナンス
  • 伝送無線通信設備の設計・工事施工・メンテナンス

沿革編集

  • 1966年 國際電設株式会社が受注する電気通信設備工事において、日本電信電話公社以外の電気通信設備の建設・保守業務を主目的として國興電業株式会社を分社設立(資本金2,000万円)。本店を新宿区市ヶ谷船河原町に置く。
  • 1972年 本社を現在地に移転。
  • 1973年 資本金を5,000万円に増資。
  • 1985年 社名を國興システムズ株式会社に変更。
  • 1999年 株式会社大明が筆頭株主となる。國際電設株式会社(現ウィンテック株式会社)とは完全分離。
  • 2001年 大明の完全子会社となる。
  • 2012年 親会社の大明が東電通と合併したことに伴い、株式会社ミライトの子会社となる。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集