メインメニューを開く

土井 利与(どい としとも)は、下総古河藩の最後の藩主。土井家宗家14代。

 
土井利与
Doi Toshitomo.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 昭和時代
生誕 嘉永4年6月28日1851年7月26日
死没 昭和4年(1929年1月2日
改名 基若(幼名)→利与
別名 泰次郎(通称
戒名 宝台院殿仁誉昌徳利与大居士
墓所 茨城県古河市大手町の正定寺
官位 従五位下、大炊頭、従三位子爵
幕府 江戸幕府
下総古河藩主→古河藩知事
氏族 土井氏
父母 父:土井利則
母:心誠院(土井利亨の養女、土井利位の娘)
正室:青山忠良の娘、継室:大関増式の娘
利孝利正利大(三男)、
娘(大橋篤治室)、娘(井関保久室)、
娘(金沢某室)、娘(高田政治室)
テンプレートを表示

生涯編集

嘉永4年(1851年)6月28日、先代藩主・土井利則の長男として江戸日比谷の古河藩上屋敷で生まれる。元治2年(1865年)4月1日、将軍徳川家茂に拝謁する。同年12月15日、従五位下内膳正に叙任する。家督相続後、大炊頭に改める。慶応3年(1867年)4月5日、父利則の隠居により家督を継ぐ。慶応4年(1868年)1月14日、旧幕府から神奈川守備の増強を命じられる。同年4月6日、上洛して新政府に対して恭順の姿勢を示す。同年閏4月22日、新政府軍へ貸し付けていた軍資金10500両を献上することを申し出る。

明治2年(1869年)6月の版籍奉還で古河藩知事に任じられ、明治4年(1871年)7月15日の廃藩置県で免官された。明治17年(1884年)、子爵となる。昭和4年(1929年)1月2日に死去。享年79。

その他の役職
先代:
土井利則
土井宗家第14代当主
1867年 - 1929年
次代:
土井利孝
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
古河土井家初代
1884年 - 1929年
次代:
土井利孝