メインメニューを開く

土井 利亨(どい としなり)は、下総古河藩主。土井家宗家12代。

 
土井利亨
時代 江戸時代後期
生誕 文化9年(1812年
死没 嘉永元年8月24日1848年9月21日
戒名 至徳院殿精誉致広峻儀大居士
墓所 東京都府中市紅葉丘の誓願寺
茨城県古河市大手町の正定寺
官位 従五位下、主膳正、大炊頭
幕府 江戸幕府
下総古河藩
氏族 雅楽頭酒井氏土井氏
父母 父:酒井忠蓋、養父:土井利位
兄弟 利亨酒井忠眦
正室:土井利位の養女(土井利広の娘)
養子:利則心誠院(土井利則室)

生涯編集

文化9年(1812年)、越前敦賀藩主・酒井忠蓋の次男として生まれる。天保10年(1839年)7月21日、古河藩の第4代藩主・土井利位の養子となった。同年10月15日、将軍徳川家慶御目見する。同年12月18日、従五位下主膳正に叙任する。後に大炊頭に改める。嘉永元年(1848年)4月25日、養父の隠居により家督を継いだ。同年8月24日に死去、享年37。跡を養子の利則が継いだ。