メインメニューを開く

土井 利建(どい としたつ、宝暦9年(1759年) - ?)は、下総国古河藩の嫡子。藩主土井利里の養子。武蔵国川越藩主・松平朝矩の長男。官位は従五位下、因幡守。

古河藩嫡子だった利剛が早世したため、利里の養子となる。安永3年(1774年)に徳川家治に初御目見し叙任するが、翌年廃嫡された。代わって、西尾藩から利見が養子に入り、嫡子となった。