メインメニューを開く

土屋 竹雨(つちや ちくう、1887年明治20年)4月10日 - 1958年昭和33年)11月5日)は、日本漢詩人。本名・久泰。字は子健。大東文化大学学長(初代)などを歴任。山形県鶴岡市出身。

人物編集

1914年、東京帝国大学法学部卒。1928年、芸文社を興し『東華』を創刊、1931年、大東文化学院講師、のち教授、東京文政大学・文政大学・大東文化大学学長(初代)を務める。国分青崖のあと漢詩壇の第一人者となり、1949年、日本芸術院会員。余香吟社などの詩社を指導した。『日本百人一詩』(砂子屋書房、1943)の著作がある。

経歴編集

  • 1887年(明治20年)4月10日 - 庄内藩士・土屋久国の長男として、山形県鶴岡市に生まれる。
  • 1906年(明治39年) - 荘内中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)を卒業し、仙台第二高等学校へ進む。
  • 1914年(大正3年) - 東京帝国大学(現・東京大学)法学部卒業
  • 1923年(大正12年) - 大東文化協会幹事 就任
  • 1928年(昭和3年) - 芸文杜を創設し、漢詩文雑誌「東華」を発行する。
  • 1931年(昭和6年) - 大東文化学院(のちに大東文化学院専門学校)の講師となる。
  • 1935年(昭和10年) - 同学院教授 就任
  • 1945年(昭和20年) - 鶴岡に疎開し漢詩の指導にあたる。
  • 1949年(昭和24年) - 日本芸術院会員となり、大東文化学院専門学校校長(第14代)・東京文政大学(現・大東文化大学)学長(初代) 就任。
  • 1950年(昭和25年)6月 - 以文会(現・致道博物館)が設立され顧問 就任
  • 1957年(昭和32年) - 自選詩集「猗廬詩稿」2冊を刊行する。
  • 1958年(昭和33年)11月5日 - 病気が原因で死去する。享年71。戒名は「芸文院泰山竹雨居士」

著作物編集

  • 1935年(昭和10年) - 『日本刀講座・第11巻』 雄山閣(出版)
  • 1936年(昭和11年) - 『漢詩大講座 第2巻』 名著普及会(出版)
  • 1943年(昭和18年) - 『日本百人一詩』 砂子屋書房(出版)
  • 1957年(昭和32年) - 『猗廬詩稿 乾』 芸文社(出版)
  • 1957年(昭和32年) - 『猗廬詩稿 坤』 芸文社(出版)
  • 1961年(昭和36年) - 『土屋竹雨遺墨集』 土屋竹雨遺墨集刊行会(出版)
  • 1981年(昭和56年) - 『土屋竹雨先生詩抄 桑梓』 鶴岡書道会(出版)
  • 1981年(昭和56年) - 『漢詩作詩法・資料集成』 名著普及会(出版)
  • 1987年(昭和62年) - 『大道無門 - 土屋竹雨生誕百年記念』 致道博物館(出版)
  • 1998年(平成10年) - 『故国山水 - 庄内讃歌』

親族編集

外部リンク編集

参考文献編集


学職
先代:
藤塚鄰
大東文化学院専門学校校長
第14代 : 1943年 - 1944年
次代:
新制大学移行
先代:
創設
東京文政大学・文政大学学長
初代 : 1944年 - 1953年
次代:
校名改称
先代:
創設
大東文化大学学長
初代 : 1953年 - 1958年
次代:
平島敏夫