地方住宅供給公社法

日本の法律

地方住宅供給公社法(ちほうじゅうたくきょうきゅうこうしゃほう)は、1965年(昭和40年)に制定された日本法律である。

地方住宅供給公社法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和40年6月10日法律第124号
効力 現行法
成立 1965年6月1日
公布 1965年6月10日
施行 1965年6月10日
所管 国土交通省
関連法令 一般法人法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

目的 編集

  • 地方住宅供給公社は、住宅の不足の著しい地域において、住宅を必要とする勤労者の資金を受け入れ、これをその他の資金とあわせて活用して、これらの者に居住環境の良好な集団住宅及びその用に供する宅地を供給し、もつて住民の生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的とする。

構成 編集

  • 第一章 総則(第1条―第7条)
  • 第二章 設立(第8条―第10条)
  • 第三章 役員及び職員(第11条―第20条)
  • 第四章 業務(第21条―第28条)
  • 第五章 財務及び会計(第29条―第35条)
  • 第六章 解散及び清算(第36条―第39条)
  • 第七章 監督(第40条―第42条)
  • 第八章 雑則(第43条―第47条)
  • 第九章 罰則(第48条―第50条)
  • 附則

下位法令 編集

関連項目 編集