坂上是則

日本の平安時代の官人、歌人
 
坂上是則
Sanjūrokkasen-gaku - 21 - Kanō Naonobu - Sakanoue no Korenori.jpg
坂上是則(狩野尚信『三十六歌仙額』)
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 不明
死没 延長8年(930年
官位 従五位下加賀介
主君 宇多天皇醍醐天皇
氏族 坂上氏
父母 父:坂上好蔭
望城
テンプレートを表示

坂上 是則(さかのうえ の これのり)は、平安時代前期から中期にかけての貴族歌人右馬頭坂上好蔭の子。官位従五位下加賀介三十六歌仙の一人。

経歴編集

908年延喜8年)大和権少掾次いで大和大掾に任ぜられる[1]912年(延喜12年)少監物に転ずると、中監物・少内記を経て、921年(延喜21年)大内記と醍醐朝中期は京官を歴任した[1]

924年延長2年)従五位下・加賀介に叙任され、再び地方官に転じている[1]930年延長8年)卒去。

人物編集

『寛平后宮歌合』や『大井川行幸和歌』など、宇多朝から醍醐朝にかけての和歌行事に度々進詠し、『古今和歌集』の撰者らに次ぐ歌人であった[1]。『古今和歌集』(7首)以下の勅撰和歌集に39首が入集[2]。家集に『是則集』がある[1]

また、蹴鞠に秀でていたらしく、延喜5年(905年)3月2日に宮中の仁寿殿において醍醐天皇の御前で蹴鞠が行われ、そのとき206回まで続けて蹴って一度も落とさなかったので、天皇はことのほか称賛してを与えたという[1][3]

小倉百人一首』31番に「朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪(『古今和歌集』冬332)」が入集している。

官歴編集

『古今和歌集目録』による。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典 第3巻』 岩波書店、1984年4月、35頁。 
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ 西宮記