メインメニューを開く

坂本 眞一(さかもと しんいち、1940年(昭和15年)2月19日 - 2014年(平成26年)1月14日)は、日本の鉄道実業家。北海道旅客鉄道(JR北海道)の相談役。

さかもと しんいち
坂本 眞一
生誕 1940年2月19日
日本の旗 東京都
死没 2014年1月14日?(満73歳没)
北海道余市郡余市町(遺体発見現場)
出身校 北海道大学工学部土木工学科
職業 北海道旅客鉄道相談役

人物編集

東京都出身。北海道大学工学部土木工学科を卒業後に1964年(昭和39年)、旧国鉄に入社。1979年2月東京第三工事局次長、1983年4月大阪鉄道管理局施設部長、1985年4月総裁室調査役、1985年7月経営計画室計画主幹、1987年3月北海道旅客鉄道株式会社設立準備室分室付となる。

1988年(昭和62年)4月、日本国有鉄道の分割民営化に伴う北海道旅客鉄道の発足にともない取締役鉄道事業本部営業部長に就任する。1990年3月鉄道事業本部営業本部長、1990年6月開発本部長、1991年6月常務取締役開発本部長、1993年6月専務取締役総合企画本部長などを歴任し、1996年(平成8年)に第2代社長に就任した[1]。その後は2003年(平成15年)から代表取締役会長、2006年から取締役会長2007年(同19年)から取締役相談役、2008年から相談役を務める[2][3]。『北の零年』(2005年東映)の企画者である。

2006年(平成18年)から北海道経済同友会代表幹事、2008年(平成20年)社団法人北海道観光振興機構会長を歴任している。

2014年1月15日8時20分ごろ、北海道余市郡余市町の余市港100mの沖合にて死体となって浮いているところを海上自衛隊によって発見された[4][5]。14日17時頃に秘書が車で札幌市内の自宅に送り届け、翌15日朝に秘書が自宅に迎えに行ったが不在で連絡が取れなくなっていた[6]ため、警察に通報した[7]。坂本の自家用車が余市港の岸壁で発見されており[5]、自殺とみられる[8]。JR北海道の社長経験者では、2011年9月に当時の社長を務めた中島尚俊が自殺をしている[6]

脚注編集

  1. ^ “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  2. ^ 「北海道田園委員会」 委員の紹介-第8回(平成19年度) https://www.mlit.go.jp/common/000035977.pdf (PDF)
  3. ^ 「北海道田園委員会」 委員の紹介-第10回(平成21年度) http://www.mlit.go.jp/common/000143350.pdf (PDF)
  4. ^ “JR北海道の坂本元社長、自殺か 余市港に遺体、付近に車”. 北海道新聞. (2014-1-15 16:46). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/515379.html 2014年1月16日閲覧。 
  5. ^ a b “港に男性遺体、JR北海道・坂本相談役と判明”. 読売新聞. (2014年1月15日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140115-OYT1T00796.htm 
  6. ^ a b “JR北海道の相談役、遺体で発見 北海道・余市港”. 朝日新聞デジタル. (2014-01-15 21:19(JST)). http://www.asahi.com/articles/ASG1H4V4VG1HIIPE012.html 
  7. ^ “港の遺体、元JR北海道社長と確認 自殺か”. 日本経済新聞電子版. (2014-01-15 21:19(JST)). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC15019_V10C14A1000000/ 
  8. ^ “元JR北海道社長が自殺か 現相談役、余市港で発見”. 共同通信. (2014年1月15日). http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011501001603.html 2014年1月15日閲覧。 


先代:
大森義弘
JR北海道社長
第2代:1996年 - 2003年
次代:
小池明夫
先代:
大森義弘
JR北海道会長
第4代:2003年 - 2007年
次代:
小池明夫