メインメニューを開く

坂本 真宏(さかもと まさひろ、1991年1月19日[3] - )は、日本の元プロボクサー大阪府堺市出身。六島ボクシングジム所属。元WBOアジアパシフィックフライ級王者

坂本 真宏
基本情報
階級 フライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-01-19) 1991年1月19日(28歳)
出身地 大阪府堺市[1]
スタイル オーソドックス[2]
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 13
KO勝ち 9
敗け 3
テンプレートを表示

目次

人物編集

泉北高校時代は帰宅部だったが[4]、友人に誘われてキックボクシングのジムに通った[5]

大阪市立大学に入ってからボクシングを始めた[6]

来歴編集

2014年12月2日、六島ボクシングジムからのプロ入りを表明した[7]。同月28日に住吉区民センターで平沼勇介との51.5キロ契約4回戦を戦い、4回3-0(39-37×2、39-38)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[8]

2015年西日本フライ級新人王として、東軍代表志賀弘康を相手に3回2分7秒TKO勝ちを収めて全日本新人王と敢闘賞を獲得した[9]。この勝利でJBCの発表した最新ランキングで初めてフライ級日本ランク入りを果たす[10]

その後2連勝して2016年11月23日に木村翔WBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦を行い、0-2(112-116×2、114-114)で判定負けを喫して王座獲得に失敗して、プロ初黒星となった[11]

そして5ヵ月ぶりの試合は1RKO勝ちを収め[12]2017年12月2日に大阪府立体育会館第2競技場で元WBA世界ミニマム級王者クワンタイ・シスモーゼンとWBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦を行い、3回2分29秒KO勝ちを収めてアジアパシフィック王座獲得に成功した[13]

2018年4月2日に大阪市住吉区民センターでウィチャー・プーライカオとWBOアジアパシフィックフライ級タイトルマッチを行い、6回1分36秒KO勝ちを収めてアジアパシフィック王座初防衛に成功した[14]。同年12月31日にマカオIBFフライ級王者のモルティ・ムザラネとIBFフライ級タイトルマッチを行い、10回終了TKO負けを喫して世界王座獲得に失敗した[15]

2019年5月26日、大阪市立大学第二体育館でWBOアジアパシフィックフライ級3位の阪下優友とWBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦を行うも、6回1分6秒TKO負けを喫し、王座獲得に失敗した[16]

2019年5月30日、六島ジムで行われた記者会見において会長の枝川孝から26日の試合後に引退を表明したことが発表された[17]

獲得タイトル編集

戦績編集

  • アマチュアボクシング - 24勝6敗
  • プロボクシング - 16戦13勝3敗0分(9KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2014年12月28日 勝利 4R 判定3-0 平沼勇介(フュチュール)   日本 プロデビュー戦
2 2015年4月19日 勝利 4R 2:01 TKO 井上宜久(真正   日本 2015年西日本フライ級新人王予選
3 2015年7月19日 勝利 1R 2:09 KO 中庄谷航大(明石)   日本 2015年西日本フライ級新人王予選
4 2015年9月27日 勝利 2R 2:59 KO 村上博英(大阪帝拳   日本 2015年西日本フライ級新人王決勝
5 2015年11月15日 勝利 5R 判定2-1 吉房克曜(トヤマ)   日本 2015年新人王戦フライ級西軍代表決定戦
6 2015年12月20日 勝利 3R 2:07 KO 志賀弘康(石神井スポーツ)   日本 2015年全日本フライ級新人王決勝戦
7 2016年4月17日 勝利 8R 判定2-0 油田京士 (エディタウンゼント)   日本
8 2016年7月31日 勝利 8R 判定3-0 諸一宇(尼崎)   日本
9 2016年11月23日 敗北 12R 判定0-2 木村翔(青木)   日本 WBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦
10 2017年4月9日 勝利 1R 2:42 KO ペットナラー・ペットプームジム   タイ
11 2017年7月23日 勝利 1R 1:03 TKO タクシン・ルンスンノン   タイ
12 2017年12月3日 勝利 3R 2:29 KO クワンタイ・シスモーゼン   タイ WBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦
13 2018年4月1日 勝利 6R 1:36 KO ウィチャー・プーライカオ   タイ アジアパシフィック王座防衛1
14 2018年8月11日 勝利 5R 2:09 TKO コウ・キチャン   韓国
15 2018年12月31日 敗北 10R終了 TKO モルティ・ムザラネ   南アフリカ共和国 IBF世界フライ級タイトルマッチ
16 2019年5月26日 敗北 6R 1:06 TKO 阪下優友角海老宝石   日本 WBOアジアパシフィックフライ級王座決定戦
テンプレート

メディア出演編集

脚注編集

  1. ^ 院生ボクサー坂本真宏が31日初世界戦 IBFフライ級 産経新聞 2018年12月5日
  2. ^ BoxRecレーティング 【国内/男子】フライ級 (50.80 kg以下) BOXINGアンテナ
  3. ^ 生年月日 本人のオフィシャルブログ 2018年8月2日
  4. ^ 大学院生ボクサー坂本真宏ファイトマネー0円世界戦 日刊スポーツ 2018年12月6日
  5. ^ 大学院生ボクサー坂本真宏、大みそかマカオで世界初挑戦 スポーツ報知 2018年12月5日
  6. ^ 国公立大学院生ボクサー・坂本真宏、初の世界挑戦!「殴り倒す」/BOX サンスポ 2018年12月6日
  7. ^ 大阪市立大・坂本真宏がプロ入り Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月2日
  8. ^ 仲村正男はラバオに2回TKO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月29日
  9. ^ 全日本新人王決定戦 東軍が勝ち越し、MVP市村蓮司 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月20日
  10. ^ 2015年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション
  11. ^ 向井寛史&木村翔がWBOアジアP王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月23日
  12. ^ 細川貴之が引退試合に勝利、昨日の試合結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月10日
  13. ^ 秋山泰幸がOPBFミドル級新王者、坂本真宏も戴冠 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月3日
  14. ^ WBO9位の坂本真宏がKO勝ち アジアP王座初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月2日
  15. ^ 大学院生ボクサー坂本真宏 世界初挑戦はTKO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月31日
  16. ^ 阪下優友、ストロング小林佑樹がWBO・AP王者に Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月27日
  17. ^ 近大出身の峯佑輔「名城二世目指し」六島ジム入り 元WBO・AP王者の坂本真宏は引退表明 Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月30日
  18. ^ パーソナリティの三代澤康司朝日放送テレビアナウンサー)は大阪市立大学の先輩。

関連項目編集

外部リンク編集