モルティ・ムザラネ

モルティ・ムザラネMoruti Mthalane、男性、1982年10月6日 - )は、南アフリカ共和国プロボクサー。現IBF世界フライ級王者。トレーナーはヘッキー・ブドラーを育て上げたコリン・ネイサン[1]マシュー・マックリンのMTK・グローバルに所属。

モルティ・ムザラネ
基本情報
本名 モルティ・ムザラネ
通称 Babyface
階級 フライ級
身長 166cm
リーチ 169cm
国籍  南アフリカ共和国
誕生日 (1982-10-06) 1982年10月6日(37歳)
出身地 ハウテン州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 39
KO勝ち 25
敗け 2
テンプレートを表示

来歴

2000年12月10日、プロデビュー。3回KO勝ち。

2004年9月24日、南アフリカフライ級王者ヌククベラ・ガワゼラと対戦し、11回TKO負けでプロ初黒星。

2006年8月11日、南アフリカフライ級王者アクホナ・アリヴァと対戦した。6回KO勝ちで王座を獲得した。その後同王座は3度防衛した。

2006年12月1日、ザンムジ・オラと対戦し3回TKO勝ちで初防衛に成功した。

2007年6月16日、オラ・シファマと対戦し、5回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

2007年9月29日、アポル・スイコ(フィリピン)とWBCインターナショナルフライ級王座決定戦で対戦し、初回TKO勝ちで王座を獲得した(同王座は1度も防衛することなく返上)。

2008年4月12日、ジョエル・クネネと対戦し、5回TKO勝ちで3回目の防衛に成功した。

2008年7月5日、過去にホルヘ・アルセポンサクレック・ウォンジョンカムと対戦経験を持つフセイン・フセインIBF世界フライ級挑戦者決定戦で対戦し、3-0の判定勝ちでIBF世界フライ級王者ノニト・ドネアへの挑戦権を獲得した。

2008年11月1日、マンダレイ・ベイ・イベント・センターでIBF・IBO世界フライ級王者ノニト・ドネアと対戦し、ドクターストップによる6回1分31秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2009年4月18日、レホロホノノロ・ラマゴレと南アフリカフライ級王座決定戦を行い、3回2分26秒KO勝ちを収め王座に返り咲いた。

2009年11月20日、ヨハネスブルグのウェンブリー・アリーナにてフリオ・セサール・ミランダとドネアの王座返上に伴い行われたIBF世界フライ級王座決定戦で対戦し、3-0(2者が117-110、118-110)の判定勝ちを収め、王座を獲得した[2]

2010年9月1日、ハウテン州ブラクパンのカーニバル・シティでゾラニ・テテと対戦し、5回にダウンを奪うとそのままレフェリーストップを呼び込む5回2分27秒TKO勝ちで初防衛に成功した。

2011年3月26日、ヨハネスブルグのナスレック・インドア・アリーナで元WBO世界ライトフライ級暫定王者ジョンリル・カシメロと対戦し、序盤から優位に進め最後は右フックが決まるとそのままレフェリーストップとなる5回1分10秒TKO勝ちを収め右フック一撃での2度目の防衛に成功した。

2011年10月28日、イタリアサルデーニャ島カリアリのパラロックフェラーにて、過去に2度オマール・ナルバエスに挑戦しているアンドレア・サリッツと対戦し、7回にサリッツ陣営よりタオルが投げ込まれ試合終了。7回TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した[3][4]

2012年9月1日、パナマシティにあるアレナ・ロベルト・デュランにて、IBF世界フライ級1位リカルド・ヌネスと指名試合を行い、初回にヌネスにダウンを奪われ先制を許すが3回にヌネスからダウンを奪う白熱した試合を展開し、ムザラネが最後に連打をまとめてヌネスを失神させてレフェリーストップを呼び込む8回2分41秒TKO勝ちを収め4度目の防衛に成功した[5]

2014年1月22日、タイナコーンラーチャシーマー県国王陛下80歳記念運動場(80-year-old Memorial playground His Majesty the King)特設会場でIBF世界フライ級7位でIBFアジアフライ級王者のアムナット・ルエンロンと対戦し5度目の防衛を目指す予定だったが[6]、主催するプロモーターキェックリリーン・プロモーションズからの発表後にムザラネがファイトマネーが安いため一方的に試合をキャンセルした。

2014年1月13日、ムザラネはIBF世界フライ級王座を返上した[7]

2014年3月15日、ダーバンのダーバン・インターナショナル・コンベンション・センター1年6か月振りの復帰戦。IBO世界フライ級王座決定戦をジェザー・オリバーと対戦しブランクの影響が響き苦戦するも12回2-1(113-115、116-112、117-112)の判定勝ちで王座獲得に成功した[8]

2014年10月26日、南アフリカで前回WBC世界フライ級王者八重樫東と対戦しているオディロン・サレタと対戦し12回3-0の判定勝ちで初防衛に成功した[9]

2015年12月12日、1年3ヶ月振りの復帰戦としてダーバンのオリーブ・コンベンション・センターでレンツ・ロシーアと対戦し9回TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[10]

2017年4月21日、トレーナーのニック・デュラントがバイク事故により死去。指導を受けているムザラネが最後の弟子となった[11][12]

2018年7月15日、クアラルンプールマレーシア)で、ムハマド・ワスィームウルドゥー語版パキスタン)とIBF世界フライ級王座決定戦を戦い、3-0(114-113×2、116-110)の判定勝ちで2度目となる同級王座を獲得した[13]

2018年12月31日、マカオウィン・パレス中国語版にて世界同級14位の坂本真宏(六島)と初防衛戦を行い、10回終了TKO勝ちを収めて初防衛に成功した[14]

2019年5月13日、日本のリングに初登場し、後楽園ホール東京都)にて世界同級4位の黒田雅之川崎新田)を相手に序盤苦しむも中盤からペースを掴んで12回戦い、3-0(116-112×2、117-111)の判定で勝利して2度目の王座防衛に成功した[15]

2019年12月23日、横浜アリーナ元3階級制覇王者でIBF世界フライ級14位の八重樫東(大橋)を相手に防衛戦を行い、9回2分54秒TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[16]

獲得タイトル

  • 南アフリカフライ級王座
  • WBCインターナショナルフライ級王座
  • IBF世界フライ級王座(第1期:防衛4度=返上、第2期:防衛2度)
  • IBO世界フライ級王座

脚注

  1. ^ 37歳の王者ムザラネ 八重樫撃退に自信 大橋会長「2人ともスタミナがあるから持久戦に」 Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月17日
  2. ^ ドネアの後継王者にムザラネ IBFフライ級 ボクシングニュース「Box-on!」2009年11月22日
  3. ^ ムザラネ、サリッツをストップ IBFフライ級 ボクシングニュース「Box-on!」2011年10月30日
  4. ^ Mthalane defeats SarritzuFightnews.com 2011年10月28日
  5. ^ Mthalane defending IBF belt in PanamaFightnews.com 2012年9月1日
  6. ^ Purse Bid: Mthalane-Ruenroeng IBF Flyweight Mandatory DefenseFightnews.com 2013年10月29日
  7. ^ ラウンドアップ(海外版) Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月14日
  8. ^ Mthalane wins IBO flyweight beltFightnews.com 2014年3月16日
  9. ^ Mthalane to make first defense of IBO flyweight beltFightnews.com 2014年10月26日
  10. ^ Mthalane retains IBO beltFightnews.com 2015年12月14日
  11. ^ South Africa Top SA boxing trainer Durandt dies sport24.com 2017年4月21日
  12. ^ Nick Durandt dies in motorcycle accident FightNews.com 2017年4月21日
  13. ^ “Mthalane Gets Off The Floor To Edge Waseem For IBF Title” (英語). Boxing Scene. BoxingScene. (2018年7月14日). https://www.boxingscene.com/mthalane-gets-off-floor-edge-waseem-ibf-title-results--129972 2019年5月14日閲覧。 
  14. ^ “坂本真宏は10回終了TKO負け 右目ふさがり…大学院生ボクサー、マカオに散る” (日本語). デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2018年12月31日). https://www.daily.co.jp/ring/2018/12/31/0011946899.shtml 2019年5月14日閲覧。 
  15. ^ “黒田は王座奪取ならず ムザラネに判定負け/BOX” (日本語). サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年5月13日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190513/box19051321240002-n1.html 2019年5月14日閲覧。 
  16. ^ 八重樫東9回TKO負け 4度目の世界王座獲得ならず Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月23日

関連項目

外部リンク

空位
前タイトル保持者
ノニト・ドネア
IBF世界フライ級王者

2009年11月20日 - 2014年1月13日(返上)

空位
次タイトル獲得者
アムナット・ルエンロン
空位
前タイトル保持者
ドニー・ニエテス
IBF世界フライ級王者

2018年7月15日 - 現在

次王者
N/A