メインメニューを開く

坂田 信弘(さかた のぶひろ、1947年10月11日 - )は、熊本県熊本市出身のプロゴルファー漫画原作者。ジュニア・ゴルファー育成組織である「坂田ジュニアゴルフ塾[1]主宰。

No image.svg 坂田 信弘 Golf pictogram.svg
Nobuhiro Sakata
基本情報
名前 坂田 信弘
生年月日 (1947-10-11) 1947年10月11日(72歳)
身長 180 cm (5 ft 11 in)
体重 75 kg (165 lb)
出身地 熊本県熊本市
経歴
成績
優勝回数 1回
初優勝 1988年 - ナイジェリア・イバタン・オープン
2011年1月29日現在
テンプレートを表示

人物編集

京都大学在学中に親が亡くなり、残った家族に仕送りをするために中退して自衛隊に入隊した。24歳で任期満了退職してからは、プロゴルファーを目指し[2]、研修生生活を経験、28歳でプロテストに合格した。

プロ転向後、しばらくはツアープロゴルファーとして活動していたが、獲得賞金は276万1799円であった。その後、作家・レッスンプロゴルファーに転向して才能が開花する。坂田自身が自衛隊員として活動していたこともあり、そこで培ったスパルタ教育[注 1]を生かして厳しい指導をすることでも大変有名だが、古閑美保上田桃子笠りつ子原江里菜など多くのプロゴルファーを輩出しており、名指導者としても知られていることから、たびたびテレビ番組で取り上げられている。

一方、作家として原作を書いている漫画では、漫画とはいえあまりにも現実離れした能力を持つ登場人物が出てくる[注 2]ことと、主に『風の大地』や『奈緒子』などに出てくる独特の人生訓のような長ゼリフが特徴的である。

2008年に創部された大手前大学ゴルフ部監督に就任し、2年目で女子チームを全国大会優勝に導いた[3]

略歴編集

著作編集

漫画原作編集

テレビ番組編集

ビデオ編集

  • ゴルフ進化論 基本編 Part1「ショートスウィング」
  • ゴルフ進化論 基本編 Part2「ダウンスウィングインパクト」
  • ゴルフ進化論 基本編 Part3「インパクトゾーンフィニッシュ」
  • ゴルフ進化論 第二章 基本上達編 Part1「ティショット他」
  • ゴルフ進化論 第二章 基本上達編 Part2「アイアンショット他」
  • ゴルフ進化論 第二章 基本上達編 Part3「グリーンまわり他」
  • ゴルフ進化論 第三章
  • ゴルフ進化論 最終章
  • 秘伝 坂田信弘の七十二打 第一章 - 第三章

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 塾の規則や入塾時のオリエンテーションにしっかり盛り込まれており、親の干渉禁止やふがいない練習をする塾生への鉄拳制裁がその一例だが、これらに関しては親に対して特に厳しく教え込むという。
  2. ^ ゴルフ漫画では軽く400ヤード以上のティーショットをしたり、陸上ものではマラソンを2時間2分22秒で走ったりなど。

出典編集

  1. ^ http://sakatajyuku.com/
  2. ^ 坂田信弘、かざま鋭二『マイファーストビッグブックス ゴルファーにつける薬』株式会社小学館、2000年、215ページ、ISBN 4-09-365351-8
  3. ^ 坂田信弘率いる大学ゴルフ部女子が指導2年目で日本一になれたわけ”. Back 9 The WEB. ゴルフダイジェスト・オンライン (2009年7月3日). 2019年10月25日閲覧。

外部リンク編集