八卦
後天図
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2633 ☳.svg
  Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2636 ☶.svg
Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2630 ☰.svg
先天図
Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2630 ☰.svg
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
  Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2633 ☳.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2636 ☶.svg
六十四卦
上経(1-30
下経(31-64

(かん)は八卦の一つ。卦の形はKan.pngであり、初、第2爻は陽、第3爻は陰で構成される。または六十四卦の一つであり、坎為水。坎下坎上で構成される。

卦象編集

原義は「外陽にして中は陰」。外側に陰柔の卦があるが、内部は陽剛である。「中に何かがある」と捉え・陥・豕・・秘密・姦計・色情・専門性・交渉・冷静・重病・中男などを象徴する。方位としては地支では)を示す。実際の占断で坎の卦がでると病勢は重症か、かなりの困難を考えなければいけない。

納甲では五行五方に当てられる。

先天図編集

伏羲先天八卦における次序は六であり、方位は四正卦の一つで西に配される。陰陽消息は二陰で卦に次ぐ。