メインメニューを開く
八卦
後天図
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2633 ☳.svg
  Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2636 ☶.svg
Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2630 ☰.svg
先天図
Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2630 ☰.svg
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
  Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2633 ☳.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2636 ☶.svg
六十四卦
上経(1-30
下経(31-64

(しん)は八卦の一つ。卦の形はShin.pngであり、初、第2爻・第3爻は陰で構成される。または六十四卦の一つであり、震為雷。震下震上で構成される。

卦象編集

原義は最も下(創め)に一陽が生じて、限りなく前進する様子。ここから始動の時・雷鳴(の音)・・長男・若い男性などを象徴する。方位としては地支では)を示す。現代社会では電信電話・高速通信など。時に嘘つきにもなる。肉体では聴覚・肝臓代謝など。

納甲では五行五方西が当てられる。

先天図編集

伏羲先天八卦における次序は四であり、方位は四隅卦の一つで北東に配される。陰陽消息は一陽が生じたところである。