メインメニューを開く

埴生インターチェンジ

日本の山口県山陽小野田市にある山陽自動車道のインターチェンジ

埴生インターチェンジ(はぶインターチェンジ)は、山口県山陽小野田市大字埴生に所在する山陽自動車道(宇部下関線)インターチェンジである。

埴生インターチェンジ
山陽自動車道(宇部下関線) 埴生インターチェンジ (山口県山陽小野田市)
山陽自動車道(宇部下関線) 埴生インターチェンジ
(山口県山陽小野田市)
所属路線 E2 山陽自動車道
IC番号 45
料金所番号 01-360
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0002.svg 埴生
起点からの距離 22.7 km(宇部JCT起点)
周防灘PA (2.1 km)
(5.4 km) 下関JCT
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
供用開始日 2001年平成13年)3月11日
通行台数 1,938台/日(2011年度)
所在地 757-0012
山口県山陽小野田市大字埴生380
テンプレートを表示
石山公園からの撮影(2012年9月)

概要編集

2001年(平成13年)3月11日の山陽自動車道(宇部下関線)開通に伴い、当時の厚狭郡山陽町(現・山陽小野田市)埴生地区に設けられた。

計画時点での仮称は開通時の自治体名(厚狭郡山陽町)から取った「山陽インターチェンジ」であったが、開通時点で既に岡山県赤磐郡山陽町(現・赤磐市)に山陽道の山陽ICがあったため、同一路線での重複を避けるため当インターチェンジの所在地の地区名である「埴生」が名称に採用された。

山陽自動車道(宇部下関線)側はトランペット型、国道2号厚狭・埴生バイパス側はダイヤモンド型の構造となっている。

歴史編集

周辺編集

接続する道路編集

編集

脚注編集

  1. ^ 中国支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路. 2016年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集