メインメニューを開く

堀川城(ほりかわじょう)は、静岡県浜松市北区細江町気賀(遠江国引佐郡)にあった日本の城

奥浜名湖(細江湖)北岸に位置し、都田川河口の南側、満潮時にはが塞がる干潟の中にあったとされる。600mほどに当時の主要街道である本坂通姫街道)が通る。

城址は推定地とされ、都田川の流れも変わり河口の北側、田園のなかに首塚のみ残る。

目次

概要編集

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いにて今川義元が戦死した後、土地の人々がを築き、地名より堀川城と名付けた。ほど近い刑部にも刑部城を築き、徳川家康の遠江侵攻に備えた、と伝えられている[注釈 1]

正確な築城期は不明であるが、当時は今川氏の勢力下であった。

永禄11年(1568年)に、今川氏真から瀬戸方久に出した徳政令を免じる安堵状の中で、代わりに新城の備蓄を賄うように条件が付いており、この新城が刑部城・堀川城では、と見られている[1]

同年、徳川家康本坂峠を越えて岡崎から湖北へ攻め込み、刑部城を落城させた。今川方で近隣の堀江城大沢左衛門は家康に抵抗しており、大沢氏と連携した土豪の新田友作尾藤主膳山村修理らは、地元の農民など雑兵約1,700人を集めて気賀の堀川城に立て籠もった。

永禄12年(1569年)2月に掛川城を落とした家康は、同年3月27日、再び本坂峠を越えて堀川城を攻め、堀川城は徳川勢によって一方的に殺戮された[2]。尾藤主膳は堀江城の大沢へ逃れたが切腹させられ、山村修理は本坂道を葭本まで逃れたが自害、新田友作は逃亡した[2]。城兵は約半数が殺害され、半数が捕えられたが、家康は石川半三郎に命じて捕虜を皆殺しとし、約700人を女子供も含めて都田川の堤で全員首を刎ねた[2][3]。新田はその後、葭本の金地院に戻り戦死者の菩提を弔っていたが、10年後に徳川方に見つかり、都田川の堤で処刑された[2]

城兵や新田友作が斬首された都田川の堤には、「獄門畷(なわて)」の名が残っており、三ケ日一里塚近くの一里山の本坂通沿いには、自刃した山村修理の墓が残っている[4]

この戦いに参加した大久保忠教が書いた『三河物語』には、男女ともなで切りにぞしたりけるとの記述が残っている[注釈 1]

瀬戸方久城主説編集

瀬戸方久が新田姓を名乗り、堀川城主をしていたという説が存在する。[要出典]

瀬戸方久は瀬戸の姓を貰う前は松井姓を名乗っており、徳川家康の侵攻に際しては井伊氏とともに恭順しており、家康からも安堵状を得ている記録があるため、この説とはそぐわない。新田友作は、堀川城の戦い後の隠遁中に出家し「法休」を名乗っていたため、これを瀬戸「方久」と混同、同一視したものとみられる。[要出典]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b 城址にある細江町教育委員会設置の看板より。

出典編集

  1. ^ 楠戸 2016.
  2. ^ a b c d 内藤 1972, pp. 155-159.
  3. ^ 中部日本新聞社 1963, p. 55.
  4. ^ 内藤 1972, pp. 155,158.

参考文献編集

文献編集

  • 楠戸, 義昭『女城主・井伊直虎:この一冊でよくわかる!』PHP研究所、2016年。ISBN 9784569765525
  • 中部日本新聞社「姫街道」『日本の街道』中部日本新聞社、人物往来社、1963年、52-55頁。NDLJP:2984345 
  • 内藤, 亀文「姫街道の今昔」『ふるさと百話』7、静岡新聞社、静岡新聞社、1972年、127-176頁。NDLJP:9569498 

関連項目編集