メインメニューを開く

首塚(くびづか)とは、合戦などにおいて討ち取られた者の首、捕虜に取られた者の首、あるいは斬首刑にされた罪人の首を供養するための「」の事である。

日本では戦功を首実検で確認していたため、その首を弔うものとして多数の首塚が作られた。

首塚には、後に怨霊となる恐れがある単独の者(敵武将など)のものや、雑兵であっても多数の戦死者が出た場合(関ヶ原の戦いなど大きな戦い)のものなどがあり、今なお、全国各地に多数存在する。

全国の首塚編集

脚注編集

関連事項編集