メインメニューを開く

堀田 仁助(ほった にすけ、延享4年(1747年) - 文政12年9月5日1829年10月2日)は、日本江戸時代天文学者江戸幕府天文方で編暦・測量を行った。堀田の蝦夷航路測量により、伊能忠敬の蝦夷地測量が実現した。

生涯編集

津和野藩士・堀田嘉助の子として津和野藩御船屋敷(廿日市蔵屋敷=現存せず、現広島県廿日市市)にて誕生。幼少より学問に秀で、13歳で御船手役所筆役見習として採用された。15歳で城下町津和野に移り、勘定書見習として勤める。

天明3年(1783年)6月、幕府天文方属員となり、暦作御用として渋川家を補佐した。寛政11年(1799年)には幕府天文方として東蝦夷への直通航路を開拓するため測量を命じられ、完成させる。翌寛政12年(1800年)に伊能忠敬が蝦夷地へ測量を行うが、堀田の航路開拓なしには成し得ないものであったとされる。

文政10年(1827年)、81歳にして引退し津和野へ帰藩する。帰藩に際して、天球儀・地球儀・伊能図(小図)を作成、藩主茲尚へと献上。 帰藩後は、藩校養老館助教(藩校教授)となり、多くの若者に関流数学を教授した。先述の藩主献上の品々も併せ養老館へと貸与され、幕末期の貴重な教育資源となった。 帰藩してから2年後の文政12年(1829年)に長い生涯を閉じた。

仁助が制作した天球儀、地球儀は島根県指定の文化財として太皷谷稲成神社宝物殿に収蔵されている。北海道北岸やオーストラリアやアフリカ、地図の伝わらない・あるいは未測量地域の地形が不正確であるなど、当時の幕府暦局が把握していた世界の姿や星の呼称等(渋川式・中国式)を知る事のできる貴重な史料となっている。

外部リンク編集