堀田 正穀(ほった まさざね、宝暦12年(1762年)- 文政2年閏4月25日1819年6月17日))は、近江宮川藩の第5代藩主。堀田家宗家7代。

経歴編集

第4代藩主・堀田正邦の長男。母は八巻氏。正室は今治藩嫡子・松平定温の娘。側室に亀井氏。子に正民(長男)、浅野道博(次男)、太田資始(三男)、娘(本多助信正室)、娘(曽根某室)、娘(神保某室)、娘(酒井某室)、娘(高木某室)、娘(大岡某室)。官位は従五位下、豊前守。幼名は門次郎。

安永元年(1772年)7月25日、父正邦の死去により家督を継ぐ。安永7年(1778年)9月19日、将軍徳川家治に拝謁する。安永8年12月16日(1780年1月22日)、従五位下・豊前守に叙任する。天明6年(1786年)1月11日、大番頭に就任する。寛政9年(1797年)2月15日、奏者番に就任した。同年11月1日、寺社奉行を兼任する。

文化3年(1806年)5月3日、寺社奉行を辞職する。文化11年(1814年)6月24日、帝鑑間詰めを命じられる。文化12年(1815年)2月6日、長男の正民に家督を譲って隠居し、文政2年(1819年)に58歳で死去した。墓所は東京都台東区浅草の金蔵寺。