メインメニューを開く
塚原嘉藤

塚原 嘉藤(つかはら よしふじ、1881年明治14年)10月22日[1]1930年昭和5年)11月13日[2])は、日本衆議院議員立憲政友会)、弁護士

経歴編集

長野県東筑摩郡日向村(現在の麻績村)出身。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)、第二高等学校を経て、東京帝国大学法科大学ドイツ法を学び、1909年(明治42年)に卒業した[1]。卒業後は弁護士弁理士事務所を開業し、株式会社小穴製作所・日本無線電信電話株式会社などの法律顧問を務めた[3]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。1923年大正12年)、関東大震災の際に保険金問題について活躍し有名になった。

その他、社団法人日本アルプス理事・社団法人清涼飲料研究所理事などを務めた[3]

脚注編集

  1. ^ a b 『信濃人物略誌』P.116
  2. ^ 『毎日年鑑人名録』P.283
  3. ^ a b 『衆議院要覧』

参考文献編集

  • 『信濃人物略誌』信濃青年会、1919年。
  • 『衆議院要覧下巻 大正九年六月』衆議院事務局、1920年。
  • 『昭和七年 毎日年鑑人名録』大阪毎日新聞社、1931年。