塚本 康彦(つかもと やすひこ、1933年 - )は、国文学者、中央大学名誉教授。

東京生まれ。東京大学国文科卒、同大学院をへて、中央大学文学部助教授、教授、2004年定年退任。

中世文学が専門だったが、次第に近代文学を論じることが多くなった。ほか歌舞伎論もやり、1995年には前進座劇場で「双蝶々曲輪日記」を一日だけ上演、主役を演じた。

著書編集

  • 国文学私論 桜楓社出版 1959
  • 受験番号5111 東大受験生の赤裸な日記 光文社 1963 (カッパ・ブックス)
  • 抒情の伝統 日本文学における浪曼精神 晶文社 1966
  • ロマン的国文学論 伝統と現代社 1971
  • 校注中世女流日記 福田秀一共編 武蔵野書院 1975.4
  • ロマン的なるもの 国文学の周辺 武蔵野書院 1976 (武蔵野文庫)
  • ロマン的発想 古川書房 1982.2 (古川叢書)
  • 玉三郎・団十郎のことなど 能・歌舞伎役者論 ぺりかん社 1987.3
  • ロマン的断想 荷風のことなど 武蔵野書房 1991.5
  • 能・歌舞伎役者たち 1994.8 (朝日選書)
  • ロマン的作家論 武蔵野書房 1996.1
  • ロマン的人物記 明治書院 1998.11
  • 逸脱と傾斜 文学論集 未來社 2002.3
  • 実感文学論 小さくとも私の杯で 至文堂 2005.12

参考編集

  • 読売新聞記事「中大教授、歌舞伎に挑む」1995年5月15日