メインメニューを開く

日本浪曼派

日本浪曼派(にほんろうまんは)とは1930年代後半に、保田與重郎らを中心とする、近代批判と古代賛歌を支柱として、「日本の伝統への回帰」を提唱した文学思想。およびその機関誌(1935年3月創刊、1938年3月終刊)名。また、その理念や作風を共有していたと考えられる作家たちをさす。

※なお本稿では、機関誌の表記「日本浪曼派」で統一する。

目次

作家と影響編集

同時代背景により、文学思想を超えて、右傾的側面が青年層に絶大な影響を与えた。機関誌は、保田與重郎が主宰。このほか、神保光太郎亀井勝一郎中島栄次郎中谷孝雄、緒方隆士、が創刊メンバー。伊東静雄太宰治檀一雄駒田信二浅野晃らも同人として加わる。周辺人脈には斎藤清衛蓮田善明田中克己中原中也三島由紀夫などがいた。彼ら掲載同人および周辺人脈は、必ずしも保田らと意見や態度が一致していた訳ではない。プロレタリア文学運動の壊滅による文学界の暗い空気を一掃。またはその代替思潮の受け皿となった事実がある。オンデマンドで復刻刊行されている。

批判・論評編集

批判としては同時代に、雑誌『人民文庫』に拠った武田麟太郎他によるものがあり、『人民文庫』代表と『日本浪曼派』代表との間の座談会も企画された(未來社刊行の『現代日本文学論争史』の中巻、「日本浪曼派論争」に収録されている)。

立原道造の友人であった杉浦明平(戦後の一時期日本共産党員であった)は、立原の才能を惜しむ立場から、戦後まもなく刊行した『暗い夜の記念に』(新版が風媒社で再刊)などで保田たちの戦時中の行動を激しく批判した。

橋川文三は、初期代表作(『日本浪曼派批判序説』未來社、初刊1960年、講談社文芸文庫で再刊)で、日本浪曼派の基盤も含め深く分析している。

また三島由紀夫は、30代後半に記した自伝回想記「私の遍歴時代」で、清水文雄蓮田善明の主宰した雑誌『文藝文化』に関して、「戦争中のこちたき指導者理論や国家総力戦の功利的な目的意識から、あえかな日本の古典美を守る城砦であった」[1]と記している。

参考文献編集

  • 『日本文学研究資料叢書 日本浪曼派』(有精堂 1977年ほか)
  • ユリイカ 詩と批評 特集 日本浪漫派とは何か』(1975年10月号、青土社
  • 『国文学解釈と鑑賞 日本浪漫派とは何か』(1979年1月号、至文堂) 
  • 保田與重郎文庫19 日本浪曼派の時代』(新学社文庫、1999年)。初版・至文堂、1969年
  • 『近代浪曼派文庫33 「日本浪曼派」集』(新学社文庫、2007年)
  • 『橋川文三著作集1 日本浪曼派批判序説・美の論理と政治の論理』筑摩書房、新版2000年
  • 『日本浪曼派とはなにか 復刻版「日本浪曼派」別冊』、雄松堂出版 初刊1971年、オンデマンド版で復刊、2007年。 
  • ケヴィン・マイケル・ドーク 『日本浪曼派とナショナリズム』 小林宜子訳、柏書房〈パルマケイア叢書12〉。ISBN 4760117318

関連項目編集

編集

[ヘルプ]
  1. ^ 三島由紀夫「私の遍歴時代」(『太陽と鉄』)(講談社文庫、1971年)100頁。のち、『私の遍歴時代―三島由紀夫のエッセイ1』(ちくま文庫、1995年)

外部リンク編集