メインメニューを開く

塚田 富治(つかだ とみはる、1946年10月30日[1] - 2001年12月12日[2])は、日本の英国政治史学者。

目次

略歴編集

富山県出身。「とみじ」とも。1976年東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了、「トマス・モアにおける宗教と政治 イギリス・ルネッサンス期政治思想研究序説」で法学博士一橋大学社会学部助教授、言語社会研究科教授。2001年12月12日、呼吸不全で死去[3]。55歳。

著書編集

  • 『トマス・モアの政治思想 イギリス・ルネッサンス期政治思想研究序説』木鐸社 1978
  • 『カメレオン精神の誕生 徳の政治からマキアヴェリズムへ』平凡社 1991
  • 『政治家の誕生 近代イギリスをつくった人々』1994 講談社現代新書
  • ベイコン もうひとつの近代精神』研究社出版(イギリス思想叢書) 1996
  • 『近代イギリス政治家列伝 かれらは我らの同時代人』みすず書房 2001

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 死去ネット
  3. ^ 塚田富治氏死去/一橋大大学院教授、政治学 四国新聞、2001年12月17日