メインメニューを開く

塩川 和則(しおかわ かずのり 1950年[要出典] - )は、元・TBSプロデューサー。プレミアムエンターテイメント代表取締役会長CEO[1]

目次

来歴・人物編集

慶應義塾大学商学部卒業。1973年、株式会社東京放送(TBS)入社。同期はTBSテレビ執行役員八木康夫

入社後、テレビ制作局制作部に所属。居作昌果プロデューサーの部下になる。当時の人気番組「8時だよ!全員集合」、「クイズダービー」を担当。居作から番組制作の手ほどきを受けつつ、師と仰ぎADとして勉強を積む。

その後、その経験が番組制作に大いに生かされヒット番組を続出させた。当時、TBSの視聴率も2位まで復活させ「バラエティの神様」とも呼ばれた。

若手の育成にも積極的で、難波一弘園田憲阿部龍二郎那須田淳、合田隆信をはじめ多数のプロデューサー、演出家等を育てたと言われている。

制作一部長・テレビ編成局次長・TBSエンタテインメント取締役・メディア推進局副理事を歴任。

TBS退職後、2006年まで株式会社アミューズの執行役員を務める。その後、株式会社プレミアムエンターテイメントを設立。

2017年より人工知能開発専門会社の株式会社9DWのシニアスーパーバイザーを務めていた。

政治家の塩川正十郎とは親戚にあたる。また馬主としても知られている。

略歴編集

手がけた番組編集

脚注編集