メインメニューを開く

塩津 哲生(しおつ あきお、1945年(昭和20年)1月22日 - )は、シテ方喜多流能楽師成城高等学校卒業[1]

塩津清人の長男として熊本市[1]に生まれる。父に師事。1950年『桜川』の子方で初舞台。1957年『経政』で初シテ1959年上京、喜多流十五世宗家喜多実の内弟子になる。1970年『翁』、1971年道成寺』、1972年石橋』の獅子を披(ひら)く。

1986年重要無形文化財「能楽」保持者に認定(総合認定)。2007年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2008年紫綬褒章受章[2]

長男は塩津圭介。喜多流に縁の深い九州、福岡藩黒田家を祈念して『塩津能の会』を結成。秋に福岡(大濠公園能楽堂)、東京では主に春に開催している。

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.545
  2. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月2日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html 2013年1月25日閲覧。