坂合黒彦皇子

境黒彦皇子から転送)

坂合黒彦皇子(さかいのくろひこのみこ[1][2]/さかあいのくろひこのみこ[3][4]生年不明 - 安康天皇3年)は、記紀等に伝わる古代日本皇族

日本書紀』では「坂合黒彦皇子」のほか「境黒彦皇子」、『古事記』では「境之黒日子王」と表記される。「坂合(境)」は一説に地名[5]

第19代允恭天皇皇子である。

系譜編集

日本書紀』・『古事記』によれば、第19代允恭天皇と、皇后の忍坂大中姫(忍坂之大中津比売命、稚野毛二派皇子の女)との間に生まれた5男4女のうち、3番目に生まれた皇子である[5][6]

同母兄弟に木梨軽皇子安康天皇(第20代)・八釣白彦皇子雄略天皇(第21代)がいる[1][2]

記録編集

日本書紀雄略天皇紀によれば、安康天皇3年8月に安康天皇が眉輪王によって殺されたのち、雄略天皇は同母兄弟の八釣白彦皇子と坂合黒彦皇子を共犯者として疑った。八釣白彦皇子は雄略天皇に斬り殺され、同じく殺されそうになった坂合黒彦皇子は、眉輪王とともに葛城円の邸宅に逃げ込んだ。葛城円は贖罪として娘と私地を献上しようとしたがかなわず、雄略天皇は火を放って葛城円・眉輪王・坂合黒彦皇子を焼き殺したという[2][7]。この時、坂合部連贄宿禰坂合部は一説に坂合黒彦皇子の名代・子代[8])が皇子の遺骸を抱いて焼き殺され、その舎人が回収にあたるも遺骨を選別できなかったため、1つの棺に入れて「新漢𣝅本南丘(いまきのあやのつきもとのみなみのおか、新漢槻本南丘)」に合葬したという[7]

古事記』安康天皇段では、安康天皇が目弱王(眉輪王)に殺されたことを知った大長谷王子(雄略天皇)が、黒日子王のところに行って天皇が殺されたことを告げたが、黒日子王は驚きもせず煮え切らない態度を示したため、大長谷王子は怒ってその場で黒日子王を斬殺したとする[2][6]

編集

 
坂合黒彦皇子墓
奈良県吉野郡大淀町

は、宮内庁により奈良県吉野郡大淀町大字今木にある坂合黒彦皇子墓(さかあいのくろひこのみこのはか、北緯34度24分29.37秒 東経135度45分30.74秒 / 北緯34.4081583度 東経135.7585389度 / 34.4081583; 135.7585389 (坂合黒彦皇子墓))に治定されている[9][4]。宮内庁上の形式は円丘。遺跡名は「ジヲウ古墳」[10]

坂合黒彦皇子について、前述のように『日本書紀』では「新漢𣝅本南丘」に埋葬したとするが、江戸時代安政年間(1854-1859年)に現墓に治定され、これが現在まで踏襲されている[11]。一方、『大和志』では「天狗森」と俗称される今木南側の丘陵地に比定する説を挙げる[11]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「坂合黒彦皇子」『日本人名大辞典』講談社。
  2. ^ a b c d 坂合黒彦皇子(古代氏族) 2010.
  3. ^ 坂合黒彦皇子墓(平凡社) 1981.
  4. ^ a b 『陵墓地形図集成 縮小版』 宮内庁書陵部陵墓課編、学生社、2014年、p. 405。
  5. ^ a b 『新編日本古典文学全集 3 日本書紀 (2)』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、pp. 106-107。
  6. ^ a b 『新編日本古典文学全集 1 古事記』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、pp. 317, 330-331。
  7. ^ a b 『新編日本古典文学全集 3 日本書紀 (2)』小学館、2004年(ジャパンナレッジ版)、pp. 140-146。
  8. ^ 「坂合部氏」『日本古代氏族人名辞典 普及版』 吉川弘文館、2010年。
  9. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)10コマ。
  10. ^ 『平成19~22年度大淀町文化財調査報告(奈良県大淀町文化財調査報告書 第6集)』 奈良県大淀町教育委員会、2011年、p. 42(リンクは奈良文化財研究所「全国遺跡報告総覧」)。
  11. ^ a b 坂合黒彦皇子墓(大淀町ホームページ)。

参考文献編集

  • 「坂合黒彦皇子墓」『日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』平凡社、1981年。ISBN 4582490301
  • 「坂合黒彦皇子」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588

外部リンク編集