メインメニューを開く

増井 経夫(ますい つねお、1907年(明治40年)1月28日 - 1995年(平成7年)6月17日[1])は日本の東洋史学者。専攻は清代史。東京生まれ。

目次

略歴編集

著書編集

  • 『太平天国』(岩波新書、1951年)。復刊1991年ほか
  • 『アヘン戦争と太平天国』 (弘文堂〈アテネ文庫〉、1956年)
  • 『アジアの歴史と歴史家』(吉川弘文館[ユーラシア文化史選書]、1966年、新版1982年)
  • 『中国の歴史と民衆』(吉川弘文館、1972年)
  • 『中国の歴史7 清帝国』(講談社、1974年)
  • 『世界の歴史11 中華帝国』(講談社、1977年)
  • 『「智嚢」 中国人の知恵』 (朝日新聞社〈朝日選書〉、1978年)。オンデマンド版2005年
  • 『中国の二つの悲劇-アヘン戦争太平天国』(研文出版、1978年)
  • 『中国的自由人の系譜』(朝日新聞社〈朝日選書〉、1980年)。オンデマンド版2005年
  • 『中国史-そのしたたかな軌跡 人間の世界歴史10』(三省堂、1981年)
  • 『中国の歴史書 中国史学史』(刀水書房〈刀水歴史全書〉、1984年)
  • 『中国人の知恵とその裏側』(講談社、1985年)
  • 『中国の銀と商人』(研文出版〈研文選書〉、1986年)
  • 史記の世界』(日本放送出版協会NHKブックス〉、1987年)
  • 『線香の火』(研文出版〈研文選書〉、1987年)-随想集
  • 『揚子江』(中公新書、1982年)-※陳舜臣と共著

訳書編集

脚注編集