メインメニューを開く

『中国の歴史』(ちゅうごくのれきし)は講談社から刊行された中国通史叢書であり、これまで同じタイトルの叢書が3次にわたり刊行されている。

『中国の歴史』(旧版)編集

概要編集

全10巻、1974年4月から1975年2月にかけ刊行された。一般向けの中国通史シリーズは、1960年代人物往来社(現・新人物往来社)で刊行された『東洋の歴史』(全13巻、中央公論新社中公文庫〉で『中国文明の歴史』で2001年に再刊)に続くもので、後に各社から刊行される中国通史の嚆矢的な叢書であった。

第1回配本は、第9巻『人民中国の誕生』で、最終回(第10回)配本は、第10巻『目で見る中国の歴史』であった。第8・10巻以外は単著で新版解説を付け、講談社学術文庫で再刊されている。

巻構成編集

カッコ末尾内は当該巻の執筆者(以下同じ)。

  1. 原始から春秋戦国(貝塚茂樹伊藤道治
  2. 秦漢帝国(西嶋定生
  3. 魏晋南北朝(川勝義雄
  4. 隋唐帝国(布目潮渢栗原益男
  5. 五代・宋(周藤吉之中嶋敏
  6. 元・明(愛宕松男寺田隆信
  7. 清帝国(増井経夫
  8. 近代中国(佐伯有一
  9. 人民中国の誕生(野村浩一
  10. 目で見る中国の歴史(日比野丈夫

『図説中国の歴史』編集

概要編集

図版を中心とする大判サイズのシリーズで、1976年11月から1977年12月に刊行された。

巻構成編集

  1. よみがえる古代(伊藤道治
  2. 秦漢帝国の威容(大庭脩
  3. 魏晋南北朝の世界(岡崎敬
  4. 華麗なる隋唐帝国(日比野丈夫
  5. 宋王朝と新文化(梅原郁
  6. 遊牧民族国家・元(村上正二
  7. 明帝国と日本(山根幸夫
  8. 清帝国の盛衰(神田信夫
  9. 人民中国への鼓動(小野信爾
  10. 中華人民共和国の歩み(安藤彦太郎
  11. 東西文明の交流(榎一雄
  12. 中国美術の流れ(宮川寅雄

『中国の歴史』(新版)編集

概要編集

全12巻、2004年11月から2005年11月に刊行された。編集委員は礪波護尾形勇・鶴間和幸・上田信。各巻にはさみこみの月報があり、いしいひさいちが4コママンガ「コミカル4000年ツアー」を描いている。

巻構成編集

  1. 神話から歴史へ(神話時代 夏王朝)宮本一夫
  2. 都市国家から中華へ(殷周 春秋戦国)平勢隆郎
  3. ファーストエンペラーの遺産(秦漢)鶴間和幸
  4. 三国志の世界(後漢 三国時代)金文京
  5. 中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝)川本芳昭
  6. 絢爛たる世界帝国(隋唐時代)氣賀澤保規
  7. 中国思想と宗教の奔流(宋朝)小島毅
  8. 疾駆する草原の征服者(遼 西夏 金 元)杉山正明
  9. 海と帝国(明清時代)上田信
  10. ラストエンペラーと近代中国(清末 中華民国)菊池秀明
  11. 巨龍の胎動(毛沢東VS鄧小平)天児慧
  12. 日本にとって中国とは何か(対談ほかの共同での論集)

中国語版の刊行編集

このシリーズの中国語版は2014年1月に発売され、中国で好評を得て何度も増刷販売され、2014年内だけでも10万セット(1セット12巻だが、中国語版は近代史2巻を除いた10巻)を突破する勢いとなった(なお、元版の日本語版は値段が高いこともあり各巻平均で1.5万部程度の売れ行きであった)。外国人が書いた中国史の本がこれほど売れることは、中国では珍しいとされる。中国北京からのみ見た中国史でなく、漢民族以外の中国を構成する周辺民族の歴史的観点についてもこの本に書き込まれていることが、中国人読者の興味を惹いているといわれている。近代史2巻分については、まだ翻訳の予定はない[1]

脚注編集

外部リンク編集