増永 正一(ますなが しょういち、1882年明治15年)12月25日[1] - 1944年昭和19年)8月1日[要出典])は、日本裁判官検事勲二等従三位

経歴 編集

千葉県出身。1908年(明治41年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、司法官試補となった[2]前橋地方裁判所判事横浜地方裁判所判事、横須賀区裁判所判事、横浜区裁判所判事を歴任[1]1920年大正9年)に朝鮮総督府裁判所に転じ、1925年(大正14年)に欧米に出張した[2]。帰国後、高等法院判事、高等法院部長を経て、1934年(昭和9年)に朝鮮総督府法務局長となり、1937年(昭和12年)に高等法院検事長に就任した[2]

1943年昭和18年)、退官[3]

脚注 編集

  1. ^ a b 帝国法曹大観 1915, p. 194.
  2. ^ a b c 人事興信録 1941, p. マ之部 增(田、谷、地、富、永、成、野) マ五三.
  3. ^ 人事興信録 1943, p. マ之部 增(永、成、西、野、林、原、淵、見) マ五〇.

参考文献 編集

  • 『帝国法曹大観』帝国法曹大観編纂会、1915年。 
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(下)』人事興信所、1941年。 
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。