メインメニューを開く

壬生 胤業(みぶ たねなり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武士下野宇都宮氏の家臣。下野国壬生城主。壬生氏初代当主。

 
壬生胤業
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 明応2年11月1日1493年12月9日[1]永正2年(1505年[2]
永正3年(1506年[3]
別名 彦五郎
戒名 常楽寺殿亀雲道鑑
官位 筑前守
主君 下野宇都宮氏
氏族 壬生家小槻氏)→壬生氏
父母 父:壬生晨照?
兄弟 晴富?、胤業
正室:智光院殿大丘妙慶
綱重
テンプレートを表示

出自編集

京都地下家官人壬生家小槻氏)から出たとされる[4]。この出自に確証はなく、胤業は毛野氏族の壬生氏(壬生公)の後裔[5]という説もある。

下野宇都宮氏の一族であり、横田氏庶流の壬生朝業の末裔[6]とも考えられている[7]

略歴編集

壬生晨照の子として誕生。

公家でありながら武芸を好み、諸国に下向した末に寛正3年(1462年)に下野で壬生氏を興したとされる。壬生城を築き本拠とし、以後の壬生氏発展の礎を築いた。下野宇都宮氏に従属し、子は元服時に宇都宮明綱もしくは正綱の一字を与えられて「綱重」と名乗っている[6]

また、壬生町に鎮座する雄琴神社は、胤業が小槻氏の氏神である近江国雄琴[8]雄琴神社より勧請して合祀し、同名に改めたものとされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『常法寺過去帳』。
  2. ^ 『押原推移録』。
  3. ^ 『壬生家盛衰録』。
  4. ^ 『壬生家譜』(東大史料編纂所蔵)
  5. ^ 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』(古代氏族研究会、1986年)625頁
  6. ^ a b 江田郁夫 著『戦国大名宇都宮氏と家中』42頁(岩田書院、2014年)
  7. ^ 『宇都宮氏略系図』 江田郁夫 著『戦国大名宇都宮氏と家中』13頁
  8. ^ 滋賀県大津市