夏目氏(なつめし)は、日本の氏族の一つ。

発祥編集

源満仲の五弟満快を祖とし、平安時代後期に信濃守として下向した源為公(満快の曾孫)の子である源為邦(村上源判官代)に始まる村上氏の庶流である。平安時代末期に奥州合戦での功によって信濃国更級郡夏目郷の地頭職を与えられた国忠の子国平が分家し夏目氏を称した。その後、三河国幡豆郡六栗を本拠として活動した。戦国時代には夏目吉信などを輩出、徳川家の家臣として行動した。江戸時代にも旗本の家系として存続していた。

文豪夏目漱石も、夏目吉次の次男吉尚の子、吉之を祖とする末裔にあたる。

系譜編集