多可 浄日(たか の きよひ、生年不明 - 宝亀11年10月24日780年11月24日))は、奈良時代中期から後期にかけての女官。名は浄日女とも記される。氏姓高麗使主のち多可官位従四位下典侍

生涯編集

後宮出仕の時期は明らかではないが、孝謙朝天平宝字2年(758年)6月、一族の高麗馬養ら4人とともに、高麗使主から多可に改氏姓とある。この時、「内侍典侍従五位下」とあり、既に後宮での地位を築いていたものと思われる。また、同時に半島系の渡来系氏族である余益人らも百済朝臣、狛連広足らも長背連の氏姓を賜っている[1]

淳仁朝天平宝字5年(761年)6月に、光明皇太后国忌御斎への伴奉の労により、熊野広浜多気弟女とともに従五位上 から正五位下に昇叙[2]

天平神護元年(765年)正月、藤原仲麻呂の乱における行賞として、大野仲智安倍都与利・熊野広浜・古仁虫名とともに、正五位上になる[3]。翌2年12月(767年1月)、正五位下から従四位下に叙されている多可連浄日女も、彼女のことではないか、とされている[4]。この「正五位下」は「正五位上」の誤りではないか、とも考えられる。

それからしばらく記録が途絶えるが、光仁朝宝亀11年(780年)10月、従四位下の浄日が卒去したとある。この時、「典侍」とあり[5]、激動の時代の中で、20年以上典侍を勤めあげた人生だった。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『続日本紀』巻第二十、孝謙天皇 天平宝字2年6月4日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第二十三、廃帝 淳仁天皇 天平宝字5年6月26日条
  3. ^ 『続日本紀』巻第二十六、称徳天皇 天平神護元年正月7日条
  4. ^ 『続日本紀』巻第二十七、称徳天皇 天平神護2年12月27日条
  5. ^ 『続日本紀』巻第三十六、光仁天皇 宝亀11年10月24日条

参考文献編集