熊野 広浜(くまの の ひろはま、生年不明 - 神護景雲3年4月6日769年5月15日))は、奈良時代中期から後期にかけての女官紀伊国牟婁郡大領家熊野国造)出身の采女。父は牟婁郡司大領兼熊野神社禰宜の熊野直伍百足で、位階従四位下

生涯編集

聖武朝天平17年(745年)正月、粟凡若子気多十千代飯高笠目茨田弓束らとともに正六位下から従五位下に昇叙したとあるのが、史料における初見[1]

淳仁朝天平宝字5年(761年)6月に、光明皇太后国忌御斎への伴奉の労により、多気弟女多可浄日らとともに従五位上 から正五位下に昇叙[2]

天平神護元年(765年)正月、藤原仲麻呂の乱における論功により、大野仲智安倍都与利・多可浄日とともに、正五位上になる[3]。同年、称徳天皇紀伊国への行幸に随伴し、従四位下に叙される[4]。本国出身の広浜の伴奉に報いる恩賞であったものと思われる[5]

その後、後宮から退き、神護景雲3年(769年)4月、「散事従四位下牟婁采女熊野直広浜卒しぬ」と記されている[6]

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『続日本紀』巻第十六、聖武天皇 天平17年正月7日条
  2. ^ 『続日本紀』巻第二十三、廃帝 淳仁天皇 天平宝字5年6月26日条
  3. ^ 『続日本紀』巻第二十六、称徳天皇 天平神護元年正月7日条
  4. ^ 『続日本紀』巻第二十六、称徳天皇 天平神護元年10月22日条
  5. ^ 日本図書センター『日本女性人名辞典』
  6. ^ 『続日本紀』巻第二十九、称徳天皇 天平神護3年4月5日条

参考文献編集

関連項目編集