メインメニューを開く

多治比 占部(たじひ の うらべ)は、奈良時代貴族真人官位正四位下摂津大夫

 
多治比占部
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 正四位下摂津大夫
主君 元正天皇聖武天皇孝謙天皇
氏族 多治比真人
テンプレートを表示

目次

経歴編集

元正朝の養老4年(720年従五位下叙爵

聖武朝に入り、神亀5年(728年)従五位上、天平4年(732年宮内少輔に叙任される。その後、天平9年(737年)に藤原四兄弟が相次いで没し、橘諸兄右大臣に昇って政権を握ると、天平11年(739年正五位下、天平15年(743年)正五位上、天平18年(746年従四位下、天平21年(749年)従四位上と聖武朝後半は順調に昇進を果たした。またこの間の天平19年(747年)には刑部卿に任ぜられている。

孝謙朝の天平勝宝2年(750年)正四位下・摂津大夫に至る。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

参考文献編集