メインメニューを開く

多湖輝のラジオ頭の体操(たごあきらのラジオあたまのたいそう)は、1998年9月までニッポン放送制作・NRN系列(大阪地区を除く)で放送されていたラジオ番組である。クロスタニン提供。

概要編集

ニッポン放送では平日昼のワイド番組である「ラジオビバリー昼ズ」のコーナー枠(12時台)として生放送された(多湖のみ録音)。

これは多湖輝が著する書籍シリーズ「頭の体操」を原作として、それを基とした「頭の体操の問題」を多湖自ら出題し、高田文夫ら「ビバリー」出演者が答え、多湖が正解発表と解説を行うという内容。まれに「ビバリー」のゲストが引き続き同枠に出演することもあった(1995年1月16日出演の大滝詠一)。ネット局では平日朝に放送された。

クロスタニン協賛枠は、「梶みきおの昼休み天国」時代には『多湖輝の子育てQ&A』、「圓蔵・まみのお昼だヨイショ!」時代には『多湖輝の幸福しあわせゼミナール』というタイトルだった。大阪・毎日放送でもかなりの年数放送されたが、その後LF(ニッポン放送)からのネット受けをやめて、「諸口あきらのイブニングレーダー」内「トゥーウェイストリート」の枠をクロスタニン協賛とした(企画ネット番組)。

後枠は『北野大の聴いてマル得ゼミナール』。開始から数年間はネットされた(北海道放送では2001年9月まで、ニッポン放送では2009年3月まで放送された)。

ネット局編集

前述の通り、大阪地区は毎日放送がCMのみネットした(途中から朝日放送に交代)。

ネット局は、北海道放送・中部日本放送RKB毎日放送琉球放送といったJRN中心のネット局など全国都道府県の殆どがネットした。