メインメニューを開く

多田 孝正(ただ こうしょう、1938年2月27日[1] - 2017年2月2日)は、日本仏教学者大正大学名誉教授。天台宗僧侶。

神奈川県生まれ。父は多田厚隆、弟は多田孝文。大正大学文学部仏教学科卒、東京大学大学院印度哲学博士課程単位取得満期退学。2001年「天台仏教と東アジアの仏教儀礼」で文学博士(東京大学)。大正大学仏教学部助教授、人間学部仏教学科教授、2009年定年、名誉教授、天台宗命徳寺住職。学僧として天台宗勧学にも就いた。[2]

著書編集

  • 智顗『法華玄義』 大蔵出版〈佛典講座26〉 1985、新装版2002
  • 『お位牌はどこから来たのか 日本仏教儀礼の解明』興山舎 2008
  • 『天台仏教と東アジアの仏教儀礼』春秋社 2014

共編著編集

校注編集

監修編集

記念論集
  • 『仏教と文化 多田孝正博士古稀記念論集』山喜房佛書林 2008

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『天台仏教と東アジアの仏教儀礼』著者紹介