国訳大蔵経國譯大藏經、こくやくだいぞうきょう)とは、大乗仏教の漢訳大蔵経を日本語訳した大蔵経一切経)の1つ。漢訳仏典の中から、日本の各宗派と関連が深い主要な仏典を選んで編纂・日本語訳している。国民文庫刊行会によって経部は1917年1918年に和綴本12帙48冊で刊行され版を重ねた後、菊版の洋装にて再版発行された[1]。それ以外は1930年1939年に刊行された。この版は現在、近代デジタルライブラリーにて全文閲覧できる

復刻版は1974年より第一書房が出版している。

構成編集

経部が14巻、論部が15巻、付録が2巻、合計31巻から成る[2]

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集