メインメニューを開く

多田 茂治(ただ しげはる、1928年3月27日[1] - )は、評論家。

福岡県小郡市に生まれる。1954年九州大学経済学部卒業。在学中『九州文学』『新日本文学』に参加。新聞記者、週刊誌編集者を経て文筆業。2004年『夢野久作読本』で日本推理作家協会賞(評論の部)受賞[2]

著書編集

  • 『多摩困民記』創樹社 1979
  • 『筑前江川谷 竹槍一揆から秋月の乱まで』葦書房 1979
  • グラバー家の最期 日英のはざまで』葦書房 1991
  • 『大正アナキストの夢 渡辺政太郎とその時代』土筆社 1992
  • 『内なるシベリア抑留体験 石原吉郎鹿野武一菅季治の戦後史』社会思想社 1994 のち文元社
  • 『夢野一族 杉山家三代の軌跡』三一書房 1997
  • 『石原吉郎「昭和」の旅』作品社 2000
  • 『野十郎の炎』葦書房 2001 のち弦書房
  • 『夢野久作読本』弦書房 2003
  • 『玉葱の画家 青柳喜兵衛と文士たち』弦書房 2004
  • 『戦中文学青春譜 「こをろ」の文学者たち』海鳥社 海鳥ブックス 2006
  • 『母への遺書 沖縄特攻林市造』弦書房 2007
  • 『満洲・重い鎖 牛島春子の昭和史』弦書房 2009
  • 松本英一郎愛と怖れの風景画』弦書房 2012
  • 『夢野久作と杉山一族』弦書房 2012

共著編集

  • 『別冊宝島 名字の由来がわかる本 ルーツを探る旅』金容権共著 宝島社 2004 「名字の秘密」文庫

編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.456
  2. ^ 『満州・重い鎖』著者紹介