メインメニューを開く

多聞院(たもんいん)は、神奈川県鎌倉市大船に所在する真言宗大覚寺派寺院で、山号は天衛山という。 寺伝によれば、創建は天正7年(1579年)で、開山南介僧都開基甘糟長俊[1]である[2]本尊毘沙門天

多聞院
多聞院 (鎌倉市).JPG
本堂
所在地 神奈川県鎌倉市大船2035
位置 北緯35度20分46.3秒
東経139度32分44.2秒
座標: 北緯35度20分46.3秒 東経139度32分44.2秒
山号 天衛山(てんえいさん)
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 毘沙門天
創建年 天正7年 (1579年) (伝)
開山 南介僧都 (伝)
開基 甘糟長俊[1](伝)
正式名 天衛山 福寿寺 多聞院
文化財 木造毘沙門天立像など(本文参照)
法人番号 4021005001928
テンプレートを表示

歴史編集

多聞院は鎌倉市山ノ内瓜ヶ谷にあった観蓮寺が前身で、永享の乱で衰えた際に甘粕長俊が現位置に移転して名を改め、南介僧都を迎えて天正7年(1579年)に創建したと伝えられている。もと鎌倉市手広青蓮寺の末寺だったが、1950年(昭和25年)に青蓮寺の前住職である草繋全宜が京都大覚寺門跡となったため、同寺の末寺となった。

寺宝編集

仏像編集

  • 本尊 木造毘沙門天立像 - 年代不詳[3]弘法作(伝)
  • 木造聖観音菩薩坐像 - 室町時代
  • 木造地蔵菩薩立像(延命地蔵尊) - 室町時代
  • 木造十一面観音菩薩坐像 - 江戸時代
  • 木造十一面観音立像 - 江戸時代
  • 木造牛頭天王倚像 - 年代不詳
  • 木造弘法大師坐像 - 室町時代
  • 木造弁財天坐像 - 江戸時代
  • 木造地蔵菩薩立像(とげぬき地蔵尊) - 江戸時代
  • 木造薬師如来坐像 - 江戸時代
  • 鋳造稚児太子坐像 - 1975年(昭和50年)3月
  • 木造大日如来坐像 - 1988年(昭和63年)
  • 木造不動明王像 - 年代不詳
  • 木造不動明王及両脇侍立像 - 三躯、江戸時代
  • 木造愛染明王坐像 - 江戸時代
  • 木造地蔵菩薩半跏像 - 江戸時代
  • 木造地蔵菩薩立像 - 江戸時代

仏画編集

額草編集

  • 「福寿寺」 - 中野蘭疇、1970年(昭和45年)

塗椀編集

  • 白檀塗椀 一口 - 天正年間

古文書編集

その他編集

  • 半鐘 - 1970年(昭和45年)4月19日

交通編集

脚注編集

  1. ^ a b 通称 太郎左衛門尉、粟船(現大船)の名主といわれている。
  2. ^ 浅井 修證『多聞院の佛さま』同寺刊、1992年7月発行(p.1)
  3. ^ 年代は浅井修證著『多聞院の佛さま』、pp.6 - 37による。以下も同じ。

出典編集

  • かまくら春秋社『鎌倉の寺 小辞典』2011年12月30日 発行
  • 吉川弘文館『鎌倉古社寺辞典』2011年7月10日 発行
  • 槙野修 著、山折哲雄 監修『鎌倉の寺社 122を歩く』2013年3月20日 発行
  • 同寺刊、浅井修證 著『多聞院の佛さま』1992年7月 発行