メインメニューを開く

夜回り先生』(よまわりせんせい)は、小学館刊行の雑誌『月刊IKKI』に連載されていた漫画作品。夜回り先生こと水谷修の体験談を基に書かれた作品で、その内容のほとんどの部分がサンクチュアリ・パブリッシングの『夜回り先生』を基にしている。2009年7月号をもって完結した。

目次

概要編集

原作:水谷修、漫画:土田世紀で、主に家族愛麻薬児童虐待万引きいじめなど社会問題になっていることをよく描いている。水谷は当初、「子どもたちとの大切な記録を単なる娯楽で汚されたくない」と漫画化には反対していたが、土田が描いた「ブランコ」(第1巻収録)を読み絶賛[1]。帯にも「亡くした子どもたちが、土田さんの絵を通して生き返ってくる。うれしくて哀しくて涙で読めません。」と寄せている。本作品のストーリーは水谷が高校の現役教師だった頃のものである。また、水谷以外は全てゲストキャラクターである為、明確な登場人物が存在しない。舞台は主に横浜市内となっている。

2012年に土田が急逝した際は、「夜回り先生」の最新作を執筆中だったという[2]

書誌情報編集

水谷修(原作)・土田世紀(漫画) 『夜回り先生』 小学館〈IKKI COMIX〉、全12巻(ブランコ1巻、シリーズ1~9巻、特別編1巻、希望編1巻)

関連項目編集

脚注編集