メインメニューを開く

大久保 忠兼(おおくぼ ただかね、慶長4年(1599年) - 慶長18年4月14日1613年6月2日))は、江戸時代前期の武士。駿河沼津藩の嫡子。大久保忠佐の次男。通称、長十郎。官位は従五位下・因幡守。

慶長6年(1601年)に父忠佐が沼津藩主となり忠兼はその世嗣とされた。慶長18年(1613年)に従五位下因幡守に叙任されたが、同年4月14日に父に先立って15歳で早世した。同年9月27日には父の忠佐も死去し、沼津藩は無嗣断絶で改易となった。