大久保 忠興(おおくぼ ただおき)は、江戸時代中期の大名相模国小田原藩の第4代藩主。小田原藩大久保家6代。官位従四位下大蔵大輔大炊頭

 
大久保忠興
時代 江戸時代中期
生誕 正徳4年12月19日1715年1月24日
死没 明和元年10月29日1764年11月22日
改名 伝四郎(幼名)、忠興
戒名 仙厳了潤大雪院
墓所 東京都世田谷区太子堂教学院
官位 従五位下出羽守従四位下大蔵大輔大炊頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
相模小田原藩
氏族 大久保氏
父母 父:大久保忠方
母:柳沢吉保の養女・幾子
兄弟 忠興石川総候正室、忠章松平忠俔婚約者
正室:柳沢吉里の娘
側室:鈴木氏、岸本氏
忠由忠厚野宮定和室、油小路隆彭
テンプレートを表示

略歴編集

正徳4年(1714年)12月19日、第3代藩主・大久保忠方の長男として生まれる。享保17年(1732年)、父の死去により家督を継ぐ。

江戸城本丸大手門番など比較的軽い幕府の職だけに就き、重要職には就こうとしなかった。藩財政悪化のためであり、藩財政再建のために家臣の知行を8割も借上し、倹約に努めた。宝暦10年(1760年)に郷中条目を制定し、宝暦13年(1763年)に農村復興に努めるなどしたが、直後の9月10日に家督を長男・忠由に譲って隠居する。

明和元年(1764年)10月29日、江戸で病死した。享年51。

系譜編集