大内 秀明(おおうち ひであき、1932年10月 - )は、日本経済学者マルクス経済学研究者。東北大学名誉教授

大内秀明
マルクス経済学宇野経済学
生誕 1932年10月(89歳)
日本の旗 日本東京市
研究機関 東北大学
母校 東京大学経済学部
影響を
受けた人物
カール・マルクス
宇野弘蔵
テンプレートを表示

略歴編集

1932年東京市(現・東京都)に生まれる。東京大学経済学部を卒業、東京大学大学院社会科学研究科博士課程を修了し、1963年に 『価値論の形成』で東京大学より経済学博士学位を受ける。その後、東北大学教養部教授を務める。

著書編集

  • 価値論の形成 - 東京大学出版会 1964
  • 景気と恐慌―経済危機の本質 - 紀伊国屋書店 1966
  • 転機に立つ日本資本主義 - 現代評論社 1970
  • 宇野経済学の基本問題 - 現代評論社 1971
  • 多極化のなかの日本経済―戦後体制の崩壊と再編 - 河出書房新社 1972
  • 日本資本主義の再編成―高度経済成長とその破綻 - 現代評論社 1974
  • 宇野弘蔵―著作と思想 - 有斐閣 1979
  • 『資本論』の常識―現代の生活を問い直す発想 - 講談社 1984 ISBN 978-4061321205
  • いま、税金を考える - 三一書房 1988 ISBN 978-4380880087
  • 連合新時代の構図 - 第一書林 1989 ISBN 978-4886460455
  • 新しい現実と社会民主主義 - 第一書林 1990 ISBN 978-4886460585
  • ソフトノミックス - 日本評論社 1990 ISBN 978-4535578661
  • 世界と日本 新しい読み方 - 講談社 1991 ISBN 978-4062053167
  • もう一人のマルクス - 日本評論社 1991 ISBN 978-4535579774
  • 東アジア地域統合と日本経済―アジア単一通貨への道 日本経済評論社 1998 ISBN 978-4818810327
  • 知識社会の経済学―ポスト資本主義社会の構造改革 - 日本評論社 1999 ISBN 978-4535551640
  • 恐慌論の形成―ニューエコノミーと景気循環の衰減 - 日本評論社 2005 ISBN 978-4535553552
  • 賢治とモリスの環境芸術―芸術をもてあの灰色の労働を燃せ - 時潮社 2007 ISBN 978-4788806214
  • ウィリアム・モリスのマルクス主義 アーツ&クラフツ運動を支えた思想 - 平凡社 2012

関連項目編集

外部リンク編集