大分百山

ウィキメディアの一覧記事

大分百山(おおいたひゃくざん)は、公益社団法人日本山岳会東九州支部が大分県内の山岳のうちから選んだ100の山である。

沿革編集

1980年(昭和55年)4月、日本山岳会東九州支部創立20周年を記念して、大分百山、及び、宮崎百山が初めて選定された。宮崎百山も選定したのは、当時の東九州支部には宮崎県在住者も加入していたためである[1]。「百名山」とせずに「百山」としたいきさつについて、後述の『大分百山』(初版)には、「・・・狭い地域でもあり、名山という呼び方にはいささか抵抗があるし、誤解を生む恐れもある。したがって名山という呼び方にはこだわらず、ともあれ100山を・・・」と述べられている。

1991年(平成3年)1月に同支部創立30周年を記念して『大分百山』(初版)が出版された際に百山は見直しされ、鷲巣岳樋桶山一尺八寸山五条殿木原山の5座がはずされて、代わりに5座が加えられた。

さらに、2002年(平成14年)4月に同支部創立40周年を記念して『大分百山』(改訂版)が発行された際に再度見直され、和尚山青野山九六位山碁盤ケ岳栂牟礼山仙崎山陣ノ峰三宅山白鹿山下荻岳の10座がはずされ、鷲巣岳、樋桶山の2座が復活するとともに新たに8座が加えられた。

『大分百山』選定の目安編集

  1. 山の姿がよく、ある程度の高度を持っている
  2. 地域の人たちによく知られ、親しまれている
  3. 歴史、伝説などを秘め、名山的な要素を持つ
  4. 地質、植生などで、学術面でも注目されている
  5. 登山、ハイキング、散策などに適している

などの要件のうち少なくとも3つ以上を満たし、かつ地域性も考慮の上、会員のアンケートをもとに100山を選んだ。

『大分百山』の一覧編集

九重山群とその周辺編集

  • 1 黒岳(くろいたけ)1587m
  • 2 大船山(たいせんざん)1786.2m △三等
  • 3 平治岳(ひいじだけ)1642.8m △三等
  • 4 中岳(なかだけ)1791m
  • 5 稲星山(いなぼしやま)1774m
  • 6 久住山(くじゅうさん)1786.5m △一等
  • 7 星生山(ほっしょうざん)1762m
  • 8 三俣山(みまたやま)1744.7m △三等
  • 9 黒岩山(くろいわやま)1502.6m △三等
  • 10 猟師岳(りょうしだけ)1423.2m △三等
  • 11 一目山(ひとめやま)1287.7m △三等
  • 12 涌蓋山(わいたざん)1499.5m △二等
  • 13 崩平山(くえんひらやま)1288.6m △三等
  • 14 花牟礼山(はなむれやま)1170.3m △四等
  • 15 野稲岳(のいねだけ)1037.6m △二等
  • 16 熊群山(くまむれやま)804.9m △四等
  • 17 冠山(かんむりやま)761.4m △二等

由布・鶴見岳とその周辺編集

  • 18 由布岳(ゆふだけ)1583.3m △一等
  • 19 鶴見岳(つるみだけ)1374.5m △三等
  • 20 内山(うちやま)1275.4m △四等
  • 21 伽藍岳(がらんだけ)1045.3m △二等
  • 22 大平山(おおひらやま)810m
  • 23 小鹿山(おじかやま)727.6m △三等
  • 24 高崎山(たかさきやま)628.4m △二等
  • 25 城ケ岳(じょうがたけ)1167.8m △二等
  • 26 雨乞岳(あまごいだけ)1073.7m △三等
  • 27 立石山(たていしやま)1070m
  • 28 福万山(ふくまざん)1235.9m △二等
  • 29 平家山(へいけざん)1023.0m △三等
  • 30 七つ石山(ななついしやま)623.4m △二等

国東半島の山々編集

  • 31 両子山(ふたごさん)720.5m △一等
  • 32 千灯岳(せんとうだけ)605.8m △三等
  • 33 文殊山(もんじゅさん)616.2m △四等
  • 34 鷲巣岳(わしのすだけ)436.5m △二等
  • 35 猪群山(いのむれやま)458.2m △二等
  • 36 屋山(ややま)543.4m △二等
  • 37 尻付山(しりつきやま)587.4m △三等
  • 38 津波戸山(つわどさん)540m
  • 39 華岳(はながたけ)592.8m △三等
  • 40 鋸山(のこぎりやま)542m
  • 41 矢筈岳(やはずだけ)266.6m △一等

宇佐・耶馬渓地方の山々編集

  • 42 御許山(おもとさん)647m
  • 43 鬼落山(おにおてやま)576m
  • 44 鹿嵐山(かならせやま)758.1m △一等
  • 45 八面山(はちめんざん)659.4m △二等
  • 46 木の子岳(きのこだけ)630.3m △二等
  • 47 樋桶山(ひおけやま)877m
  • 48 中摩殿畑山(なかまどんのはたやま)991.1m △三等
  • 49 檜原山(ひばるさん)734.9m △三等
  • 50 雁股山(かりまたやま)807.1m △二等
  • 51 経読岳(きょうよみだけ)992.0m △三等
  • 52 犬ケ岳(いぬがだけ)1130.8m △三等
  • 53 鷹ノ巣山(たかのすやま)990m
  • 54 英彦山(ひこさん)1199.6m △一等
  • 55 岳滅鬼山(がくめきさん)1040m
  • 56 大将陣山(たいしょうじんやま)909.8m △三等

玖珠盆地周辺編集

  • 57 万年山(はねやま)1140.3m △一等
  • 58 伐株山(きりかぶさん)690m
  • 59 横山(よこやま)1036.8m △三等
  • 60 宝山(たからやま)815.7m △三等
  • 61 大岩扇山(おおがんせんざん)691.1m △三等
  • 62 月出山岳(かんとうだけ)708.4m △三等
  • 63 亀石山(かめいしやま)942.5m △二等

津江山群編集

  • 64 釈迦ケ岳(しゃかがだけ)1229.5m △一等
  • 65 御前岳(ごぜんだけ)1209m
  • 66 渡神岳(とがみだけ)1150.2m △三等
  • 67 酒呑童子山(しゅてんどうじやま)1180.5m △二等
  • 68 三国山(みくにやま)993.8m △三等
  • 69 尾ノ岳(おのたけ)1040.7m △一等

大分市南部編集

  • 70 霊山(りょうぜん)610m
  • 71 障子岳(しょうじだけ)750.8m △三等
  • 72 御座ケ岳(ござがだけ)796.6m △一等
  • 73 樅木山(もみのきやま)484.0m △一等

豊後水道沿岸編集

  • 74 鎮南山(ちんなんざん)536.4m △三等
  • 75 姫岳(ひめだけ)619.9m △三等
  • 76 彦岳(ひこだけ)639.3m △二等
  • 77 尺間山(しゃくまさん)641m
  • 78 元越山(もとごえさん)581.5m △一等
  • 79 場照山(ばてりやま)660.7m △二等
  • 80 津島畑山(つしまばたやま)506.3m 二等

祖母・傾山群と宇目編集

  • 81 祖母山(そぼさん)1756.4m △一等
  • 82 障子岳(しょうじだけ)1703m
  • 83 古祖母山(ふるそぼさん)1633.1m △三等
  • 84 本谷山(ほんたにやま)1642.9m △三等
  • 85 傾山(かたむきやま)1602.2m △二等
  • 86 大障子岩(おおしょうじいわ)1451m
  • 87 越敷岳(こしきだけ)1060m
  • 88 緩木山(ゆるぎさん)1046.0m △三等
  • 89 烏岳(からすだけ)683.8m △三等
  • 90 新百姓山(しんびゃくしょうやま)1272.5m △三等
  • 91 天神原山(てんじんばるやま)995.2m △二等
  • 92 夏木山(なつきやま)1386.0m △三等
  • 93 木山内岳(きやまうちだけ)1401.2m △三等
  • 94 桑原山(くわばるやま)1407.9m △三等
  • 95 酒利岳(さかりだけ)753.2m △二等
  • 96 小表山(こおもてやま)711.7m △四等

大野・直入地方編集

  • 97 鎧ケ岳(よろいがだけ)840m
  • 98 佩楯山(はいだてさん)753.8m △一等
  • 99 御岳山(おんだけさん)568m
  • 100 椿山(つばきやま)658.8m △二等

注1 読み仮名の後の数字は標高を示す。
注2 △印は山頂に三角点があることを示し、その後の等数は三角点の種類を示す。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ その後、1985年(昭和60年)に宮崎支部が独立し、現在の東九州支部は大分県在住者を中心とした支部となっている。

参考文献編集

  • 日本山岳会東九州支部創立20周年記念誌・1980年5月発行
  • 大分百山(初版)・1991年2月発行
  • 大分百山(改訂版)・2002年4月発行