メインメニューを開く

大原 亮治(おおはら りょうじ、1921年大正10年)2月25日 - )は、大日本帝国海軍軍人戦闘機操縦士。最終階級海軍飛行兵曹長

大原 亮治
渾名 ラバウルの撃墜王
生誕 1921年2月25日
宮城県
所属組織 日本海軍、海上自衛隊
軍歴 1940 - 1945(海軍)
1953 - 1971(海自)
最終階級 海軍飛行兵曹長(海軍)
三等海佐(海自)
除隊後 航空振興財団航空操縦教官
テンプレートを表示

経歴編集

1921年(大正10年)2月25日、宮城県の農家に生まれた。昭和15年6月、一般航空兵として横須賀海兵団に入団する。海兵団から千歳航空隊を経て、1941年(昭和16年)5月、第4期丙種飛行予科練習生となり、土浦海軍航空隊に入隊。1942年(昭和17年)7月に飛練を卒業し、戦闘機操縦者として大分航空隊へ入隊し、ここで九〇練戦、九五戦での訓練を終えた後、その年の10月にはブイン基地の第六海軍航空隊に交代要員として着任した。

1942年(昭和17年)10月19日に初空戦を経験すると、同月23日にはガダルカナル上空でVMF-12のF4F10機と戦い、初撃墜を記録している。 大原は1943年(昭和18年)11月に横空へ着任するまで204空(六空から改称)で奮戦し、本土へ帰還した。

以降、本土防空戦に従事していたが、1945年(昭和20年)4月9日、原因不明の高熱を押してB-29迎撃戦の最中、後方からP-51に撃たれ被弾、陸軍の相模原飛行場に胴体着陸した後、軍医から腸チフスの診断を受け、そのまま約80日間の入院を余儀なくされた。退院後の1945年(昭和20年)8月17日、本土偵察に飛来したB-32に対する迎撃戦に、零戦に搭乗して参加し、これが大戦最後の出撃となった。

戦後は、1953年(昭和28年)に海上警備隊(現在の海上自衛隊)に入隊し、1971年(昭和46年)に三佐で退官。その後は民間航空のパイロット養成にあたった。

戦後本人への取材無く、ヘンリー・サカイダが著した戦記本には、「ラバウルの殺し屋」と書かれ憤慨した。その後の改訂版では「ラバウルの撃墜王」に改められた。

参考文献編集

脚注編集