メインメニューを開く

大和呉服橋ビル

東京都千代田区大手町にあったオフィスビル

大和呉服橋ビル(だいわごふくばしビル)は、東京都千代田区大手町にあったオフィスビル

大和呉服橋ビル
Pasona building.JPG
情報
用途 オフィス
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 2,681.52 m² [1]
延床面積 24,452.74 m² (容積率912%)
状態 解体
階数 地上9階・地下3階
高さ 38.5
エレベーター数 乗用5台、貨物用1台
竣工 1956年5月
改築 1966年、1970年
解体 2017年[2]
所在地 東京都千代田区大手町2-6-4
座標 北緯35度41分2.5秒 東経139度46分14.5秒 / 北緯35.684028度 東経139.770694度 / 35.684028; 139.770694座標: 北緯35度41分2.5秒 東経139度46分14.5秒 / 北緯35.684028度 東経139.770694度 / 35.684028; 139.770694
テンプレートを表示
大和証券本社ビル時代(2007年)

概要編集

1956年昭和31年)、外堀通り永代通りの交わる呉服橋交差点の北西角に完成した。東京駅の北側に隣接する地上9階建てのガラス張り、浅緑色の外観は、まだ戦後の復興色の残る東京ではひときわ目立ったという。

本ビルは敗戦からの復興を象徴する"最新鋭ビル"の代表格として、地方からの修学旅行生なども見物に訪れる名所で、昭和30年代のサラリーマン生活を描いた映画「ニッポン無責任野郎」や「サラリーマン出世太閤記」など、数多くの映画のロケなどにも使われた[3][4]

竣工以来大和証券が本社を置いていたが、同社は2007年にグラントウキョウノースタワーに移転した。その後2010年より、人材派遣会社パソナが1棟全てを使い本社を置いていた。壁面屋上緑化が施され[5]、ビル内の農園ではコメ野菜が栽培されていた[6]。地下2・3階は、隣接する日本ビル朝日生命大手町ビルJXビルとつながる日本パーキングセンターとなっていた[7]

将来的には、これらのビルとともに再開発が計画されている[8]。 三菱地所による常盤橋地区再開発事業に伴い、2017年6月で閉鎖し、解体されることとなった。

再開発事業区域にあるビルの中では、一番古いビルであった。(解体時は築61年)

脚注編集